FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「妙亀塚」ー東京都指定旧跡ー

「妙亀塚」ー東京都指定旧跡ー

 画像は、台東区橋場1丁目にある「妙亀塚」を南から見たところです。台東区の遺跡番号7番の遺跡として登録されており、”近世の塚?”とされています。

 この「妙亀塚」にはある有名な物語が残されています。東京都台東区より発行された『新版 史跡をたずねて』には、この物語りについて次のように書かれています。


 時は平安期の貞元元年。京都北白川に住む吉田帷房(これふさ)の子梅若丸は、陸奥の藤太という人買いにさらわれた。東北へ連れてゆかれる途中、幼梅若丸は病気になって隅田川のほとりで死んでしまう。
 それから1年…。母の妙亀はわが子こいしとあとを追ってはるばる京都から北上、やっとの思いで隅田川のほとりにたどり着く。向こう岸の塚にわが子の梅若丸が葬られているのを知らされる。母の妙亀は悲嘆の涙に明け暮れ、わが子の成仏を願い塚のかたわらに庵をつくって念仏三昧の生活を続ける。だが、かわいいわが子が忘れられず、遂に発狂して浅茅ヶ原(橋場付近)の鏡ヶ池に身を投じてしまうというあわれな物語りである。(『新版 史跡をたずねて』359ページ)


 この物語は、室町時代の能作者、観世元雅により『隅田川』という謡曲として演じられており、現代に語り継がれている有名な物語です。どこまでが史実でどこまでが創作された物語かはわかりませんが、実話に基づいた物語だといわれています。
 この、鏡ヶ池に身を投げた母親の墓であるといわれているのがこの「妙亀塚」で、ちなみに隅田川の対岸にある「木母寺」の境内には、梅若にちなむ「梅若塚」も残されています。梅若が死んだことを知った母親は「総泉寺」で妙亀尼と号して尼僧となったといわれており、妙亀塚は総泉寺の境内に造られたといわれていますが、総泉寺は関東大震災での被災により板橋区に移転。寺の跡地は住宅地となり、妙亀塚だけが史跡公園として整備されて残されています。
 塚の上には板碑が祀られており、この板碑には「弘安11年戊子5月22日孝子敬白」と刻まれているそうですが、妙亀塚と板碑との関係はわからないようです。


「妙亀塚」(東京都指定旧跡)

 さて、後にこの妙亀塚について調べてみたところ、鳥居龍蔵氏の著書『上代の東京と其周圍』の中に関東大震災後の妙亀塚の写真が掲載されているのを知りました。鳥居龍蔵氏は、震災のために人家が焼失して古い地形が観察できるようになったことを遺跡や古墳を観察するチャンスとして捉え、東京市中を調査してまわったという凄い人です。しかも、恐らくカメラが高価であったであろう時代に古墳の写真を撮りまくっています。画像がその、震災後の妙亀塚の写真です。
 この写真を見ると、かなり大きな塚であったことがわかります。鳥居氏は、妙亀塚のほかにこの周辺に所在した「釆女塚」や「首塚(蛇塚)」も含めて古墳群の存在を指摘しています。


「妙亀塚」ー東京都指定旧跡ー

 私が初めて訪れたときの印象は、史跡公園に造られたモニュメント的なもので古墳等ではないのかなと思っていたのですが、実はこの公園の土台の部分自体が古墳であるのかもしれません。公園は四方を道路や宅地に削られて平らに整地されていますが、今でも周囲の土地より高くなっていています。。。

<参考文献>
鳥居龍蔵『上代の東京と其周圍』
東京都台東区『新版 史跡をたずねて』
現地説明版

  1. 2014/02/12(水) 01:37:16|
  2. 台東区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「武蔵府中熊野神社古墳(国史跡)」その2 | ホーム | 「鳥越古墳」>>

コメント

こんにちは。

震災でピンチの時をチャンスに変えた方なのですね。
写真を見比べてみると、確かに古墳を土台にした感じがします。
凄いです、鳥居龍蔵氏!笑
  1. 2014/02/14(金) 18:04:16 |
  2. URL |
  3. 紅一点 #-
  4. [ 編集 ]

紅一点さま
いつもコメントありがとうございます。

鳥居龍蔵氏の、『武蔵野及其周囲』と『上代の東京と其周囲』という大正から昭和にかけての2冊の本を買ってみたのですが、読み難くて大変です。笑。
今は、古書店を探してまわらなくてもネットで探せますから、便利な時代ですね。
  1. 2014/02/16(日) 05:37:41 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #hzwp2T5Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/198-21811922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR