FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「梶原塚」

「梶原塚推定地」

 画像は、「梶原塚」があったとされる北区堀船3丁目にある「王子ポンプ所」を南西から見たところです。

 この「梶原塚」については、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』や『江戸名所図会』のほか『夢跡集』、『埋木花』といった多くの文献に記述がみられるようです。これらによると、この地はかつて太田道灌の子孫で戦国時代の武将である梶原政景の屋敷があり、政景の死後祀られたのがこの「梶原塚」であるといわれています。『武蔵演路』という古文書には、洪水で崩れた梶原塚を村人が修復したと記されており、かつては五六畝もあった塚は縮小して二三畝となり、塚には松の木が植えられていたとされています。
 その後、明治37年(1904)の火工廠貯炭場の拡張により塚は崩され、塚にあった石仏や塔は近くにある「福性寺」に移されています。


「福性寺」

 画像が、北区堀船3丁目にある「福性寺」です。梶原塚は、このお寺に移されています。


「梶原塚の宝篋印塔」

 画像が「福性寺」の本堂前に移された現在の梶原塚で、中央に見えるのが「宝篋印塔」です。天保2年(1831)に再興されたもので、明治37年(1904)に福性寺に移転されています。『復刻版 堀船郷土史』によると、梶原塚は荒川の水辺にあり、塚を取り囲むように宝篋印塔や数基の石碑が立ち並び、周囲には数本の大樹や竹、雑草が生い茂っていて足を踏み入れる人はいなかったそうです。また、『補遺 隅田川とその両岸(下巻)』には土地の古老の話として「当時荒川の水辺に近く土饅頭があり、それを取り囲んで宝篋印塔や石碑が数基並び、周囲には大樹が数本空を突いて高く茂り、下は竹や雑草でおおわれていた。また明治の中頃には大きな胡桃の木があり実の熟する季節には付近の子供達がその実を拾って楽しんだ」と書かれています。
 この宝篋印塔を移す際には塔の下から古銭や馬の骨らしきものとともに蛇が出てきたと云われており、塚を壊した人はその後、病気になったり死んだりしたために、蛇の祟りではないかと地元の人々の話題になったそうです。


「梶原塚の碑」

 現在の梶原塚には『当所地名発祥之処』と記された石碑が立てられています。

 この周辺はかつては「梶原」という地名で呼ばれていたそうで、読売新聞東京北工場の周囲に巡る「堀船周回ロード」に建てられている説明板には、この梶原塚とその地名の由来について次のように書かれていました。

   『堀船』の名の由来

 堀船の名は, 堀之内村と船方村とが合併してできたものである。 江
戸時代から明治22年まで, このあたりは梶原堀之内村であった。 しか
し、昭和7年に東隣の船方村と合併して堀船という地名になった。
 足利時代末に、太田道灌の孫であり、太田資正(三楽斎道誉)の子
である梶原政景が今のポンプ場(堀船3丁目の下水道局王子ポンプ場)
あたりに屋敷を構えたと言われている。その屋敷の内=堀の内という
ことで、梶原堀之内村と呼ばれていた。梶原の姓は、永禄元年(1558)、
古河公方義氏の元服の時に太刀役を務め、梶原の姓を与えられたとい
う説(『異本小田原記』)と、同4年、長尾景虎が上杉姓と関東管領
を譲られた拝賀の時に与えられたとする説(『北条記』)がある。
(永禄5年の政景の初見史料では、すでに梶原を名乗っている。)
 梶原政景は、下総国の土豪で柿岡城主であり、「弓矢打物達者にて、
鬼にも神にも逢ふべき器量」で、和歌、手跡・早歌・乱舞・馬上・鞠
など、諸芸にも秀でていたという(『異本小田原記』)。福性寺の本堂
前に「地名発祥梶原塚」という標石があり、梶原塚と呼ばれている。
 船方村は、豊島の7つの村の1つで、江戸時代に船の組み仲間とし
て有名な船頭の一族がこのあたりに住んでいたと言われている。
 町の名前が堀船になっても、梶原という呼び方はこの地に住む人の
愛着や郷愁からか、梶原○○○と呼ばれるところも多いようである。

【参考】東京都北区立堀船小学校創立70周年記念「わたしたちの堀船」
                        平成3年12月7日


「梶原塚」「梶原塚」

 ほかに、文政9年(1826)銘の地蔵や如意輪観音石仏も保存されています。
 『新修 北区史』ではこの「梶原塚」について「塚は5、6畝の広さをもち、梶原氏の墳墓といわれているが古墳文化時代のものであろう」としています。古銭や馬の骨が出土しているという伝承からすると古墳ではなく塚であった可能性も考えられるかと思いますが、今となっては詳細はわかりません。


「復刻版 掘船郷土史」

 画像は、福性寺でいただいた『復刻版 堀船郷土史』で、表紙には『江戸名所図会』に描かれた梶原塚が載せられています。地蔵や石仏は見えますが、宝篋印塔は見えないようです。
 訪れた日には福性寺の方から声をかけていただき、ありがとうございました。いただいた資料はとても参考になりました!

<参考文献>
東京都北区役所『新修 北区史』
名著出版『北区の歴史』
東京都北区教育委員会『北区の昔がたり』
芳洲書院『補遺 隅田川とその両岸(下巻)』
真言宗豊山派 福性寺『復刻版 堀船郷土史』
現地説明版

  1. 2014/03/02(日) 01:54:28|
  2. 北区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「飛鳥山公園内の古墳かもしれない塚 その1」 | ホーム | 「十二天塚」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/202-e858a277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (18)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (4)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR