FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「高倉古墳群 29号墳(天王塚)」

高倉29号墳(天王塚)1

 画像は、府中市分梅町1丁目にある「天王宮八雲神社」を東から見たところです。

 この天王宮八雲神社は、古くは天王宮と称され祀られていました。明治期の神仏分離令により神仏習合とみなされて、現在は八雲神社として祀られています。天王宮の祭神は牛頭天王、八雲神社の祭神は素盞嗚尊ですが、合祀されているそうです。創設年は未詳であるようですが、分梅通り(陣街道、古鎌倉街道)に面した境内の東北角には、元応元年(1319)の石板があり、享保9年9月(1723)の祭神像、安永7年(1778)の石造の鳥居が現存しており、かなり歴史のある神社であるようです。
 この神社の境内には、高倉古墳群の29号墳にあたる「天王塚」と呼ばれる古墳が残存します。


高倉29号墳(天王塚)2

 八雲神社境内のようすです。
 画像の本殿の左奥に、古墳がチラリと見えていますね。
 早速近くで見てみましょう。


高倉29号墳(天王塚)3

 南東から見た天王塚です。
 この古墳は、平成19年に行われた八雲神社本殿覆屋・拝殿建て替え立会において、塚の縁辺部に周溝の内側のラインが検出され、古墳であることが確認されています。そしてその後、平成24年3月には墳丘保存目的の確認調査が行われています。
 古墳は墳丘径約17mの円墳に周溝が廻るもので、現況は1.2mほどの高さが遺存していますが、本来の墳丘高はわからないようです。
 画像に見えるように、古墳の東側は若干削平されており、石垣となっていますが、この墳丘東側を除く墳丘が遺存する部分については、裾部から少なからずの中世の陶器類が出土しており、中世段階に塚とし裾部を中心に手が加えられていると考えられるようです。


高倉29号墳(天王塚)4

 南から見た天王塚。
 かなり良好に残されている印象です。
 埋葬施設については詳細は不明。埴輪の有無も不明です。


高倉29号墳(天王塚)5

 南西から見た天王塚。


高倉29号墳(天王塚)6

 この分梅町の八雲神社といえば、やはり板碑に触れないわけにはいかないですよね。
 府中市内で代表的なものが、三千人塚の上に立つ康元元年(1256)銘の板碑と、この八雲神社北東隅に立つ元応元年(1319)銘の板碑で、三千人塚のものが多摩地区最古、八雲神社のものが市内最大です。
 この八雲神社の板碑の場所は、分梅通りが府中崖線を抜ける切り通しの縁で、分梅通りは中世の幹線道である鎌倉街道上道の推定ルートにあたり、沿道の発掘調査でも道路跡が発見されているそうです。
 発掘調査の結果、板碑の地下には拳大の礫が詰まっていて、板碑の基部は地表から約50cmの深さまで埋められていることがわかっています。
 板碑の周辺からは、常滑焼など中世の焼き物の破片が多く出土しており、他に江戸時代の通貨である寛永通宝が11点も出土しています。八雲神社前にこの板碑が立っている様子は江戸時代の地誌『江戸名所図会』にも描かれており、寛永通宝はこのころのお賽銭だったのかもしれませんね。


高倉29号墳(天王塚)7

 この板碑は、以前は背後に立つ樫の古木の伐り株に挟まれていました。
 この板碑はレプリカですが、古木に取り込まれた状況も再現されています。
 以前は屋根があったのですが、整備されたらなくなっちゃったんですね。笑。

 府中市教育委員会により設置された説明板には、次のように書かれています。

   府中市指定有形文化財
 八雲神社脇の元応の板碑
               指定 平成元年八月二十三日
 鎌倉時代の中頃から室町時代の末までのおよそ三百年の間、
府中では埼玉県秩父地方や比企地方で産する緑泥片岩を板状
に加工した供養塔婆が盛んに造立されました。このような石造
の供養塔婆を板碑と呼んでいます。
 市内からは大小様々の六百基を超える板碑がみつかっています
が、この板碑は市内では最大級であり、加えて鼓動の傍らにあっ
て造立当時の面影を残しているとみられる貴重なものです。
 この板碑は元応元年(一三一九)年十一月八日に、大蔵近之という
人物が亡き父親道仏の十七年忌追善供養のために建てたものと
考えられています。
 八雲神社境内のこの板碑は、風化が激しくなり現状での保存
が困難になったため、現在は複製を設置しています。
   平成二十四年三月
                    府中市教育委員会



高倉29号墳(天王塚)8

 説明板に掲載されていた、昭和10年前後の板碑のようすです。

 『あるむぜお』100号にはこの板碑について「中世に立てられた板碑は、一定期間が経過するとその多くは地中に埋もれてしまいます。しかし、この板碑は作られてから700年近くが経過しているにもかかわらず、現在もその姿を見ることができます。このような景観を維持する原動力となったものは、この地域の人々が持っていた信仰心ではないでしょうか」と書かれています。
 その傍ら、「風化が激しくなり現状での保存が困難になったため、現在は複製を設置」とされたようです。


高倉29号墳(天王塚)9

 画像は、「高倉32号墳」の周溝で確認されたという円筒埴輪と朝顔形埴輪です。
 府中市のふるさと歴史館で行われていた特別展「府中の発掘お宝展2019 府中の古墳時代」で公開されていたものです。

 「高倉古墳群」を形成する古墳は、現在までに発掘調査により「35号墳」まで確認されています。
 「18号墳」は欠番となっていますので、発掘調査により存在が確認された古墳は計34基ということになります。

 高倉古墳群の、『古墳なう』で探訪した古墳としてはとりあえず今回の29号墳まででひと段落です。
 気が向いたら30号墳以降の古墳も巡ってみるかもしれませんが、このご時世ですからね。。。
 まだ未調査ながらも、その存在が確実視されている古墳もまだ残されており、今後の調査によりさらにその数は増えていくのでしょう。楽しみにその進展を見守ろうと思っています。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 45』


人気ブログランキングへ

  1. 2020/04/11(土) 20:02:03|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「田中の森と稲荷神社」 | ホーム | 「高倉古墳群 28号墳(山王塚)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/5-80fe4d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (5)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (21)
上三川町の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR