古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「浅間神社古墳」

「浅間神社古墳」

 画像は、大田区田園調布1丁目にある「多摩川浅間神社」を南東から見たところです。
 この神社は、多摩川台公園に残存する「多摩川台古墳群」や「亀甲山古墳」と同じ舌状台地上に立地しており、この舌状台地の東南の先端にあたります。社殿は古くから古墳の上に建てられていると伝えられており、『東京都遺跡地図』には大田区の遺跡番号2番の古墳として登録されています。

 浅間神社は、八百年程前の創建と伝えられています。鎌倉時代の文治年間(1185~90)、豊島郡滝野川へ出陣する夫、源頼朝の身を案じた妻の北条政子は後を追ってこの多摩川のほとりまで来ましたが、わらじの傷が痛み出したことからやむなく多摩川湖畔で傷の治療をすることになったといいます。この際、政子は亀甲山へ登ってみると、富士山が実に鮮やかに見えました。富士吉田には自分の守り本尊である「浅間神社」がありることから、政子はその浅間神社に向かって夫の武運長久を祈り、持仏の「正観世音像」をこの丘に祀ったことが、この多摩川浅間神社のおこりであるといわれています。
 浅間神社は、江戸時代の地誌類にも記述が見られ、『新編武蔵風土記稿』には「浅間社 除地、小名堀廻しの西の方二十四五歩ばかりの山上にあり。勧請の年歴等も詳ならず。祭礼は六月朔日なり。東光院野も地なりと云。石龕 山の上中央の所にあり一尺五寸四方、高さ三尺東向なり。本尊正観音は銅佛立像にて長八尺許、相傳此像は古佛にして此所へ垂跡ありし年代も詳ならず。一年洪水ありし時風雨ことに烈しくして社内も破壊せしかば、尊像の所在を失ふ…」と書かれています。


「浅間神社古墳」

 画像の二之鳥居の奥の石段周辺には多数の溶岩が置かれており、「富士塚」に近い形態となっているようです。石段の途中には、富士講に関係する石碑や、勝海舟により文字が書かれたという「食行身禄石碑」などが建てられています。この石段を登った、浅間神社社殿の場所が古墳となります。


「浅間神社古墳」

 思えば北条政子は、前方後円墳である亀甲山古墳の墳丘上で夫の武運長久を祈り、やはり前方後円墳である浅間神社古墳の墳丘上に観世音像を祀ったわけで、なかなか興味深いお話です。どうして亀甲山古墳に祀らなかったのだろうと素朴な疑問を持ってしまいますが、ちなみに、消滅した「扇塚古墳」の墳丘上に祀られていたという稲荷神社もこの浅間神社に合祀されたと地元の人からお聞きしたのですが、この浅間神社はよくよく古墳に縁の深い神社かもしれませんね。


「浅間神社古墳」

 画像は、南東から見た浅間神社境内のようすです。古くは、社殿の位置を後円部として、神社参道側に前方部を向ける前方後円墳ではないかという想定が定説とされていたようですが、二度にわたる発掘調査により定説とは逆の、社殿裏から東横線にかけて前方部が存在する前方後円墳であることがわかっています。
 墳丘はこれまでの社殿改築等によりすでに削平されており、古墳が築造された当時の墳丘盛土は検出されなかったことから詳細は分からないようですが、埴輪片(円筒埴輪・朝顔形埴輪・人物埴輪・動物埴輪)が検出されており、特にくびれ部と想定される周辺からは多量に発見されているようです。また、主体部や周溝も検出されていないようですが、地下レーダー探査により、神社参道側の地中に周溝と考えられる存在が確認されているようです。


「浅間神社古墳」

 神社社殿周辺のようすです。社殿の位置が後円部で、右奥に向けて前方部となるようです。古墳の規模は、後円部の直径は32mほどで、全長60mほどの、一段築成の前方後円墳であると推定されており、5世紀末から6世紀初頭の築造と考えられているようです。
 埋葬施設は、大正4年の社殿建設と昭和48年の社殿改築で後円部が削平された際には横穴式石室が発見された形跡はなく、竪穴系の粘土槨か木棺直葬、もしくは礫槨であった可能性が想定されているようです。また、前方部にも埋葬施設が存在したのではないかとも考えられているようです。
 墳丘が残存しないにもかかわらず、調査によりここまで推定できるプロの学芸員の先生はやっぱりすごいですね。。。


「浅間神社古墳」

 画像は、多摩川駅構内から見た浅間神社古墳周辺のようすです。ちょうど東横線が走っている切り通しの部分が前方部、左側の小山が浅間神社の所在地で、後円部の跡となります。右側の台地が多摩川台公園の所在地で、その先には亀甲山古墳や多摩川台古墳群が存在します。


「浅間神社古墳」

 発掘調査以前に出土した馬形埴輪、鹿形埴輪、人物埴輪は浅間神社に所蔵されており、このレプリカが多摩川台公園内の古墳展示室に展示されています。
 左側は、動物形埴輪の中でも最も出土例が多いとされるもので、全長1.5〜2m程に復元されると推定されています。
 右側の鹿形埴輪は、鹿が食料として狩猟され、また角が道具や装身具の材料となっていたことから神聖な動物として尊ばれ、埴輪のほか、弥生土器や銅鐸にも多く描かれていたようです。


「浅間神社古墳」

 画像は、同じく古墳展示室に展示されている人物埴輪(男子)のレプリカです。額の両側に見える何かがはがれた跡は、「美豆良」という、古代に男子にだけが表現する結髪であるようです。また、頭上の径2cm程の孔は冠等がはめ込まれていたと推定されているそうです。


「浅間神社古墳」

 展望台からは、遠く川崎方面まで見渡すことができます。
 日常の小さな悩みなど吹っ飛んでしまって、清々しい気持ちになります。
 現代に立ち並ぶ高層ビル群も美しい景観ですが、古代の眺めはどんなだったんだろう。。。

<参考文献>
東京都教育委員会『都心部の遺跡 1985』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
浅間神社古墳遺跡調査会・東京急行電鉄株式会社『浅間神社古墳』
多摩地域史研究会『多摩川流域の古墳』
大田区立郷土博物館『大昔の大田区』


人気ブログランキングへ





  1. 2017/08/03(木) 00:40:52|
  2. 田園調布古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「西岡第47号古墳(修道院構内古墳)」 | ホーム | 「浅間神社北古墳」>>

コメント

丁度今日ここへ行ってきた所です。多摩川台公園内部まで延々と古墳が並ぶ中の1つですね。
  1. 2012/10/08(月) 22:59:49 |
  2. URL |
  3. kanageohis1964 #-
  4. [ 編集 ]

そうでしたか!
実は月曜日は僕も大田区にいました。
いつか偶然お会いすることもあるかもしれませんね。
  1. 2012/10/10(水) 05:17:04 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #hzwp2T5Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/64-20cf2124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (0)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (3)
杉並区 (17)
中野区 (12)
新宿区 (9)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (17)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
田園調布古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (10)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (19)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR