FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「瀬戸岡古墳群」(東京都指定史跡) その7

 「瀬戸岡古墳群」は、あきる野市瀬戸岡にある古墳群です。『東京都遺跡地図』には、あきる野市の遺跡番号67番として登録されている古墳群で、多摩川の支流にあたる平井川の右岸、秋留台地上に約50基の古墳が分布する群集墳です。この古墳群の最初の発掘調査は、大正15年1月5日に瀬戸岡青年団により行われ、河原石で築かれた”横穴式石室的な竪穴式石室”が発見されて注目されました。これがきっかけになり、大正15年5月に当時の東京府の「旧跡」に指定されています。その後、昭和2年および昭和25年には鳥居龍蔵氏や後藤守一氏によって発掘調査が行われ、直刀、刀子、鉄鏃、須恵器、土師器等が発見されています。また、火葬骨を納めた須恵器の蔵骨器も発見されていて、古墳本来の築造は7世紀台と推定されているものの、後世になってから火葬墳墓として再利用されたものと考えられているそうです。平成18年3月16日には「旧跡」から「史跡」に種別変更されています。
 古墳は開発によって失われつつあるものの、一部が「瀬戸岡歴史環境保全地域」として保存されていて、特に岸野修一氏所有地区において広く残されています。敷地内は従来よりクリ林として経営管理されてきたそうで、所有者により石が置かれたり棒が立てられていて、古墳の位置がわかるようになっています。

 さて、今回はいよいよ「瀬戸岡古墳群」の最終回、E群を紹介します。

「瀬戸岡古墳群12号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群12号墳」の所在地周辺を西から見たところです。土地所有者の岸野氏に敷地内を案内していただいた時にはこの古墳は素通りしてしまったので、遠方からの撮影です。12号墳は分布図によると崖際に位置しており、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「一部流出」と書かれています。岸野氏にお聞きしたところでは、この古墳群のある台地は以前はもう少し奥まで続いていたそうですが、平井川の氾濫によって崖が崩れてしまったことがあるのだそうです。この崖崩れによって失われてしまった古墳も存在するそうですが、石室の一部が流失して崖際に半壊した石室の石材が露出している場所も見られます。この12号墳もそんな1基であるようです。
 

「瀬戸岡古墳群13号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群13号墳」の所在地周辺を南東から見たところです。土地所有者の岸野氏にお聞きしたところでは、画像中央の石積みのあたりにも古墳がある、ということでしたが、分布図を参考にするとこの13号墳は崖際に位置しており、『多摩地区所在古墳確認調査報告書』には「一部流出」と書かれていますので、実際には石積みのもう少し奥の崖際に残されているのかもしれません。石積みの奥には敷地内の古墳所在地に見られる鉄棒が立てられているようですので、この場所が13号墳の所在地かもしれません。12号墳と同様に半壊の状態で残存するようです。


「瀬戸岡古墳群14号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群14号墳」の所在地です。画像の大きな石が置かれている場所が14号墳の所在地で、地中に石室が残されているようですが、地上からは見ることが出来ません。瀬戸岡古墳群は、昭和25年(1950)5月20~24日にかけて、武蔵野文化協会の事業として後藤守一氏らにより5基の古墳の発掘調査が行われており、さらに5月25日に塩野半十郎氏の指導で1基が発掘されておます。この塩野半十郎氏により掘られた古墳がこの14号墳であるようです。


「瀬戸岡古墳群15号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群15号墳」の所在地です。画像右奥の大きな石と左手前の鉄の棒が立てられている間に石室が残存するようですが、やはり地上からは見ることが出来ません。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』でも「残存」とされれています。


「瀬戸岡古墳群16号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群16号墳」です。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』では「一部流出」とされている古墳で、岸野氏によると、平井川の氾濫によって崖が崩れた際に石室の一部が流失して半壊しており、現在は石室の断面が露出して僅かに観察することが出来る古墳です。昭和25年(1950)5月20~24日にかけて後藤守一氏らにより発掘調査された5基の古墳のうちの1基です。


「瀬戸岡古墳群17号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群17号墳」の所在地です。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』では「残存」とされている古墳で、この古墳も、昭和25年(1950)5月20~24日にかけて後藤守一氏らにより発掘調査された5基の古墳のうちの1基です。現在は埋め戻されており、画像の石積みの下に石室が残されているようです。


「瀬戸岡古墳群46号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群46号墳」の所在地周辺のようすです。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』では「残存」とされている古墳ですが、土地所有者の岸野氏に敷地内を案内していただいた時にはこの古墳の近くには行きませんでした。遠方からの撮影です。


「瀬戸岡古墳群47号墳」

 画像は「瀬戸岡古墳群47号墳」の所在地周辺のようすです。『多摩地区所在古墳確認調査報告書』では「残存」とされている古墳です。土地所有者の岸野氏に敷地内を案内していただいた時にはこの古墳の近くには行かなかったのですが、後に分布図で確認したところでは画像のあたりが47号墳の所在地となるようです。微妙な地形が気になるところです。。。


瀬戸岡古墳群

瀬戸岡古墳群

瀬戸岡古墳群

 段丘の一段下には、画像のように所々に河原石が積み上げられている箇所があるのですが、土地所有者の岸野氏にお聞きしたところではこれは古墳ではないそうで、耕作に邪魔な、散らばっていた河原石を集めて積み上げたものだそうです。平井川の氾濫によって崖が崩れた際には何基かの古墳が消失しているようなので、石室の石材が混ざっている可能性はあるかもしれませんね。。。

 51基が確認されている「瀬戸岡古墳群」においてこの区域に残された古墳の密度が高いのは、土地所有者の古墳保存の熱意によるものなのだそうです。行政の力だけでなくこうした個人の尽力によっても遺跡が守られているというのは、とても素敵なことだと思います。ちなみに当日は、時間を割いて区域内を案内していただき、解説までしていただいたうえに資料までいただきました。とても貴重で楽しい時間でした。ありがとうございました。

<参考文献>
秋川市史編纂委員会『秋川市史』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
瀬戸岡古墳群市道地区調査会『瀬戸岡古墳群』
東京都埋蔵文化財センター『天神前遺跡 瀬戸岡古墳群 上賀多遺跡 新道通遺跡 南小宮遺跡』
池上 悟 広瀬 和雄『武蔵と相模の古墳 (季刊考古学別冊 15)』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/02/25(土) 18:42:29|
  2. あきる野市/瀬戸岡古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「庚申塚(猿田彦碑)」 | ホーム | 「瀬戸岡古墳群」(東京都指定史跡) その6 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/676-15bea516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR