FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

栃木県那須郡那珂川町 「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

 「駒形大塚古墳」は、栃木県那須郡那珂川町小川那珂川の支流である権津川に沿う段丘上に所在する前方後方墳で、画像はこの駒形大塚を西から見たところです。昭和54年(1979)には「那須小川古墳群」として、「吉田温泉神社古墳群」、「那須八幡塚古墳群」とともに一括して国の史跡に指定されているこの駒形大塚は、全長60.5m、後方部の高さ8mを測り、前方部は削平されているものの前期古墳の出現期に見られる撥形であることがわかっています。古墳の周囲は「駒形大塚公園」として整備されており、敷地内には那珂川町教育委員会による説明板が設置されています。

 国指定史跡 駒形大塚古墳
        昭和五十四年三月三日指定
 本古墳は北から南に伸びる段位と直角に築
造された。西向きの前方後方墳である。前方
部の墳丘を失っているが、昭和四十九年十一
月に発掘調査され、墳形と内部主体が明らか
になる。
 前方部は西側裾の先端が八の字形に前開き
する古式な形で、全長は六十四メートルであ
る。現存する後方部墳頂下一・五メートルの
ところに設けられた主体は、木炭でとりかこ
まれた内面朱塗りの木棺であり、画文帯龍虎
鏡、銅鏃、蕨手状の素環頭刀子、鉄直刀、鉄
剣、鉃斧、鉄鉋とガラス小玉など、古い時期
の副葬品である。かつ、後方墳頂下浅く、古
い土師高坏、壺などの葬祭器が出土している
など、外形、内容とも極めて重要な古式な前
方後方墳である。
 小川町は、本古墳とともに、那須八幡塚古
墳、吉田温泉神社古墳の三基の古式な前方後
方墳が存在することから、四世紀に下野では
最も早く開発され、永く繁栄した様子がうか
が割れるところである。
    昭和六十年三月一日
           那珂川町教育委員会


 後方部の西側(画像手前)には前方部の名残と思われる高まりが残されているのですが、これは原形を留めるものではないようです。


「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

 北から見た駒形大塚古墳です。右側が前方部、左側が後方部です。
 那珂川に注ぐ権津川は、古くから氾濫河川として知られているようですが、川沿いの谷地が肥沃な沖積地であったことから古墳時代には農耕地として拓かれていたそうです。この恵まれた農耕地を背景に、地域で最初に築かれた大形前方後方墳が、この駒形大塚古墳であるとされています。


「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

 残存する後方部は東西30メートル、南北28メートルを測り、墳丘には葺石が確認されています。墳頂部には頌徳碑と祠、鳥居が建てられており、このため若干の削平が見られるようです。


「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

 画像は、南東から見た春の駒形大塚古墳です。手前に見えるのが、昭和54年3月13日建立の「史跡 駒形大塚古墳」の石碑です。季節の変化により全く違う姿を見せてくれるのも、古墳の見どころかもしれません。。。


「駒形大塚古墳」―国指定史跡―

 駒形大塚古墳の周辺にはかつては7基以上の古墳が存在していたといわれていますが、そのほとんどは消滅、現在は2基の小円墳が残されるのみです。画像は「駒方大塚古墳陪墳2号」を南から見たところです。陪塚とは、規模の大きな古墳の周囲に築かれている、規模のより小さな古墳を指し、陪冢(ばいちょう)とも陪墳とも呼ばれるもので、近親者や従臣を葬った墓であると考えられていました。この小円墳は、現在でも「陪墳」の名称で呼ばれており、那珂川町の史跡として指定されています。


駒形大塚倍墳三号

 画像は「駒方大塚古墳陪墳3号」を南から見たところです。この古墳も、陪墳2号とともに昭和47年(1972)9月29日に那珂川町の史跡として指定されており、標柱が立てられています。陪墳2号、3号ともに方墳ではないかと考えられているようです。

<参考文献>
塙 静夫『探訪 とちぎの古墳』
有限会社 随想舎『那珂川と八溝の古代文化を歩く』 
栃木県小川町教育委員会『国指定史跡 那須小川古墳群』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/06/16(金) 00:43:59|
  2. 那須町•大田原市•那珂川町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栃木県那須郡那珂川町 「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」 | ホーム | 栃木県那須郡那須町 「舟戸古墳群」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/720-159d0271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR