FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

栃木県那須郡那珂川町 「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」

栃木県那須郡那珂川町「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」

 画像は、那珂川町三輪字七所原に所在する「首長原古墳」を南から見たところです。直径17メートルの円墳で、個人の墓地となっているこの古墳は土地所有者の協力により史跡公園として整備され、横穴式石室が公開されています。この古墳の周湟は2重に廻っており、これは極めて稀な事例であるようです。
 周辺にはほかに6基の古墳が存在したとされ、首長原古墳と合わせて「七所原古墳群」と呼ばれています。昭和28年(1953)には、このうちの「東山古墳(通称宝塚古墳)」のトレンチ調査も行われているようですが、その後の食料増産により削平され、首長原古墳1基のみが残存しています。この7基の古墳の存在が「七所原」の地名の由来ではないかとも考えられているようです。


栃木県那須郡那珂川町「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」

 画像は、首長原古墳の開口した石室付近のようすです。
 那珂川町教育委員会により設置された案内標識には次のように書かれていました。

首長原古墳

首長原古墳について
 この古墳は那珂川町三輪字七所原にあり、那珂川により形成された中位の河岸段丘上面である小川
面の東端に位置しています。周辺には7基の古墳からなる七所原古墳群があったことがわかっていま
すが、残念ながら本墳を除き消滅してしまいました。
 昭和10年代、平成4年の発掘調査により横穴式石室内から豊富な副葬品が出土したことから史跡
保護の機運が高まり、地権者の快諾を得て、保存整備を実施しました。
 首長原古墳は以前より、前後2つの塚の存在から全長約40mの前方後円墳ではないかと考えられ
ていましたが、周囲の削平により確認することができませんでした。しかし、墳丘斜面には川原石に
よる葺石がみられ、石室をもつ墳丘は直径17mの円形墳であることがわかりました。周堀は墳丘裾
をめぐる二重の周堀が確認され、県内でも極めてまれなものです。
 石室は全長5m、幅1.7m、高さ1.7mあり、その構造から無袖式川原石小口積みの横穴式石室と
呼ばれ、この裏側には川原石による裏込めがみられます。石室には天井石と呼ぶ大きな石の蓋があり
ますが、入口部の1枚を除き、全て崩れていました。奥壁の基底部には鏡石と呼ばれる大きな石が横
に3枚置かれ、床面には礫を敷き詰め、入口付近には石室のうちと外を区画する石列がみられます。
 石室入口には閉塞石が天井部まで積み込まれ、厳重に閉じていたことがわかります。石室へと通じ
る墓道は削平により石室付近のみしか確認できませんでしたが、この墓道は階段状となることが推定
されます。
 出土遺物としては石室内から大刀、鉄鏃、刀子、耳環、銅釧、勾玉、管玉、切子玉、ガラス玉など
の副葬品が多数出土し、これらは出土状況や閉塞石の状態から複数の埋葬者の副葬品と考えられます。
また、墳頂からは祭祀に使用された土師器や須恵器の甕が発見されました。
 首長原古墳はこれらの出土遺物や石室の形態から那須地域に見られる横穴式石室でも比較的古い様
相をもつものと考えられ、時期的には6世紀後半(今から約1,450年前)の豪族の墓と推定されます。

整備の概要
石 室 側壁、奥壁、裏込め部、床面、天井石は樹脂により補強し、崩落した天井石は擬石により復
    元しています。
墓 道 削平部を復元し、樹脂により表面を補強しました。
墳 丘 直径17mの円形墳丘を盛土により復元し、墳丘には本来葺石がみられますが、古墳保護の
    ため表土上に張り芝を行っています。また、周辺の削平による旧地表面との差を解消するた
    め墳丘よりゆるやかな傾斜により、景観を調整しています。
                                    那珂川町教育委員会


栃木県那須郡那珂川町「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」

 画像は石室内部のようすです。
 墳丘と石室は復元されているようですが、葺石は復元されなかったようです。
 最近の私は腰に不安があり、また肩が痛かったりもするので、狭い石室内に無理矢理入ってみることはしなくなったのですが、石室内のきれいな写真を撮りたかったなと少し後悔。でも、石室内で動けなくなったら怖いし、地震がきても怖いし。。。


栃木県那須郡那珂川町「首長原古墳(しゅちょっぱらこふん)」

 西から見た首長原古墳。墳丘上は墓地となっています。。。
 
<参考文献>
塙 静夫『探訪 とちぎの古墳』
有限会社 随想舎『那珂川と八溝の古代文化を歩く』 
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/06/19(月) 03:06:17|
  2. 那須町•大田原市•那珂川町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栃木県那須郡那珂川町「北向田古墳群」 | ホーム | 栃木県那須郡那珂川町 「駒形大塚古墳」―国指定史跡―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/721-8cc241b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (10)
足立区/その他の古墳・塚 (19)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (10)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (5)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
宇都宮市の古墳・塚 (21)
上三川町の古墳・塚 (0)
壬生町の古墳・塚 (5)
下野市の古墳・塚 (0)
小山市の古墳・塚 (0)
栃木市の古墳・塚 (0)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
埼玉県の古墳・塚 (13)
千葉県の古墳・塚 (1)
群馬県の古墳・塚 (8)
ぐんま古墳カード (12)
茨城県の古墳・塚 (5)
長野県の古墳・塚 (6)
福島県の古墳・塚 (3)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (12)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR