FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」―大田原市指定史跡―

栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 日本有数の鮎の宝庫といわれる、那珂川右岸の縁辺部に所在するのが「二ツ室塚古墳」です。画像は、この二ツ室塚古墳を西から見たところです。かつては「小舟渡古墳群1号墳」と呼ばれていた古墳で、昭和41年2月15日に大田原市の史跡に指定されている古墳です。前回紹介した「観音塚古墳」から南方約30mほどの地点にあり、観音塚古墳同様に植林された杉の山林の中に所在することから、昼間もなお薄暗いという環境下にあります。
 この古墳は、昭和49年(1974)の栃木県史編さん室により発掘調査が実施されています。規模は全長46.5m、後円部の高さ4.5m、前方部の高さ2.2mの前方後円墳で、葺石は後円部のみに存在しており、後円部造営後に一定の時間を経て前方部が築造されたことがわかっています。通常見られる後円部の横穴式石室の加えて、前方部からも同様の石室が発見され、未盗掘であった前方部の石室内からは数多くの副葬品が出土しています。この出土品や石室の構造から、古墳は6世紀後半から7世紀初頭頃に築造されたものと推定されています。


栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 画像は、北西から見た二ツ室塚古墳です。左手前が前方部、右奥が後円部という状況です。
 発掘以前のこの古墳は前方部よりも後円部が高く、また前方部の前端があまり開かずに直線的に伸びていることから、古い時期の前方後円墳ではないかとも考えられていたようですが、調査により、前方部西側は農道により削られていることによる形状であることが判明したようです。

 大田原市により設置された説明板には次のように書かれています。

二ツ室塚古墳  大田原市指定史跡
所在地  湯津上村大字小船渡
墳 形  前方後円墳
規 模  全 長  46.5m
     後円部径 22.0m   後円部高さ 4.5m
     前方部幅 16.0m   前方部高さ 2.2m

 この古墳は、昭和49年、栃木県史編さん事業の一環として発掘調査が実施
され、後円部及び前方部の双方に横穴式石室をもつ珍しい古墳であることが
わかりました。
 発見された横穴式石室は、いずれも側壁は河原石を積み重ね、奥壁は1~
2枚の巨石を立てて構築されたものですが、平面形が異なり、後円部の石室
は羽子板状に、前方部の石室は側壁がいくぶん膨らむ「胴張り」という形を
しています。
 後円部の石室はすでに盗掘を受けていたために、鉄鏃がわずかに出土した
だけですが、前方部の石室からは刀類や多量の鉄鏃が出土しました。
 また、平成元年には湯津上村教育委員会による発掘調査も実施され、前方
部前端には幅6mの周溝があることもわかりました。
 この古墳は、出土遺物や石室の形態等から、6世紀後半から7世紀初頭に
かけて築造された古墳とみられています。


栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 後円部の石室のようすです。以前は河原石を積み重ねた横穴式石室を見学することができたようですが、現在は土嚢が積まれて塞がれています。東日本大震災で石積が崩落したとお聞きしましたが、これからさらに大地震が来るかもしれないことを考えるとちょっと怖いです。


栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 画像は、説明板に掲載されていた後円部石室のようすです。


栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 石室周辺には天井石らしき石材が見られます。
 それにしても、前方後円墳の多くは後円部に石室が造られているようですし、築造当時の感覚としては後円部が前で前方部が後ろだったんじゃないかと思うのですが、やはり真相はわかりませんね。。。


栃木県大田原市「二ツ室塚古墳」

 前方部に存在するという石室も、天井石らしき石材が僅かに露出するのみで内部を見学することは出来ません。発掘調査により内反刀、直刀、刀子、柄、鍔、鉄鏃、留金具などの武具類が出土しており、その後のX線写真撮影からは、鍔の外縁に施された波状唐草文の象嵌が発見されているそうです。。。

<参考文献>
塙 静夫『探訪 とちぎの古墳』
有限会社 随想舎『那珂川と八溝の古代文化を歩く』 
眞保昌弘『塚古墳と那須国造碑 下野の前方後方墳と古代石碑』
栃木県小川町教育委員会『国指定史跡 那須小川古墳群』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/06/27(火) 00:54:50|
  2. 那須町•大田原市•那珂川町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栃木県大田原市「観音塚古墳」―大田原市指定史跡― | ホーム | 栃木県大田原市「銭室塚古墳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/725-536a8b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR