FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「新宿追分 一里塚跡」

「新宿追分 一里塚跡」

 画像は「新宿追分」と呼ばれる、新宿区新宿3丁目1番地付近を北から見たところです。
 「追分」とは、街道の分岐点のことで、かつてこの場所は甲州街道と青梅街道がY字形に分かれていたところで、一里塚があったところです。江戸時代の寛永7年(1630)に子育稲荷が創建され、一里塚を崩して建てたことからこの稲荷は「一里塚稲荷」ともいわれていました。


「新宿追分 一里塚跡」

 歩道の地面には「新宿元標ここが追分」というタイルが埋め込まれています。
 何度もここを通ったことがあるはずですが、まったく気がつかなかったなあと、反省です。。。


「新宿追分 一里塚跡」

 『江戸名所図会』や『御府内備考』によると、新宿4丁目の曹洞宗の寺院「天龍寺」の境内にも一里塚があり、大榎があったとされているようです。当時の絵図を参考にすると、当時天龍寺の境内だった雷電神社の北側、当時の玉川上水のあたりに塚が所在したようです。

 この旧地の一隅にあたる場所には、現在も雷電神社が存在します。
 画像は、南西から見た現在の「雷電稲荷神社」です。

 かつての雷電神社は昭和3年4月に三光町の花園神社に合祀されており、現在の雷電稲荷神社の祠はその旧地を示すために建てられているもので、また玉川上水は暗渠の川となり現在は道路となっているようです。江戸時代とはかなり地形が変わっていることから、塚の正確な位置はわかりませんが、少なくともこの周辺に塚が所在したことは間違いないようです。
 ちなみにこの雷電神社には、ある面白い伝説が残されています。奥州征伐に行く途中の源義家がこのあたりでものすごい雷雨にあい、止むなくこの地にあった祠の前で休んでいたそうです。すると白キツネが一頭現れ、義家の前で三回頭を下げました。すると、今までの雷鳴がウソのように晴天となり、義家は無事に北進できたといわれています。それ以降、里人はこの社を雷電神社と呼ぶようになったといわれています。


「新宿追分 一里塚跡」

 この場所にあった塚について、芳賀善次郎著『新宿の散歩道』には
 それは一里塚ではなく、玉川上水開通時に掘りとった土でつくった築山ではなかったろうか。道路の西側だけの子育稲荷と天龍寺の二ヵ所に一里塚を築くことはないからである。
 と書かれています。これに対して、東京都新宿区教育委員会より発行された『新宿区町名誌』には
 (前略)二個の一里塚は、その距離が約三十メートルで、現在の中仙道に残っている板橋区志村一里塚の間隔とだいたい一致する。それで、前記二個の塚が一対の一里塚だったことになる。そうすると、最初の甲州街道は、新宿陸橋から一直線に進んでこの一対の一里塚の間を通ることになり、その先は京王ビル東方で新宿通りと斜めに交差する。つまり、最初の追分は二丁目のほうだったということになり、分岐点はY字形になっていたということになる。
 そこで、最初の追分は二丁目あたりで、そこから甲州街道と成木街道がY字路に分かれて通っていたのが、あとで甲州街道がなくなって成木街道だけとなり、追分の位置が西の現在地に変更されて、そこから直角に甲州街道が分岐するように改められたことになる。新宿通りを新宿一丁目から3丁目へ向かって歩くと、今も新宿二丁目から西がぐっと北に曲がっていることが分かる。(後略)

 と書かれています。

 画像は、現在の甲州街道のようすです。甲州街道と明治通りという幹線道路が交差するこの新宿4丁目交差点周辺は交通量も多く、また甲州街道を東に進むと新宿御苑トンネル、西に進むとJR新宿駅と交差する陸橋と、江戸時代とは何もかもが変わってしまっています。車やバイク、電気もなく、鉄筋コンクリートのビルもなかった時代がどんなだったかまったく想像できませんが。
 うん、やっぱり今が良いかもしれないなあ。。。

<参考文献>
羽賀善次郎『新宿の散歩道 その歴史を訪ねて』
東京都新宿区教育委員会『新宿区町名誌』
新宿歴史博物館『ガイドブック新宿区の文化財 史跡(西部編)』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/09/11(月) 01:15:10|
  2. 新宿区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「駿馬塚(しゅんめづか)」 | ホーム | 「氷川神社付近古墳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/758-b7ea4e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR