古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 画像は、新宿区西新宿8丁目の「成子天神社」を南から見たところです。
 延喜3年(903)の創建というこの神社の祭神は菅原道真で、その後の建久8年(1197)に源頼朝が社殿を造営、寛文元年(1661)に現在地に移り、柏木、成子地区の鎮守となっていました。
 この神社の境内には、新宿区の登録文化財・史跡となっている富士塚が所在します。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 成子天神社境内と社殿のようすです。西新宿の超高層ビル群のすぐ北側、青梅街道沿いに所在するこの神社は近年の再開発により社殿やその他の施設が建て替えられており、「パークタワー西新宿エムズポート」なる超高層住宅が神社と一体となっているという、まさに現代の神社という印象です。(実際、神社の境内に高層ビルが建てられているというのは初めて見ました。)
 画像の社殿の左奥に、目指す富士塚が所在します。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 画像が「成子天神社の富士塚」です。「鳴子富士」とも呼ばれるこの富士塚は、元々は「天神山」と呼ばれる小山で、大正9年(1920)に、この年が富士山の御縁年といわれる庚申の年であったことから、これを記念して丸藤成子元同行が富士塚に改造したとされ、大正12年(1923)の関東大震災では山が崩れ、同13年に大修築竣成式が行われています。
 東京府豊多摩郡より大正5年(1916)に発行された『東京府豐多摩郡史』には、富士塚に改造される以前の天神山に関する記述が見られ、「成子神社」の項には「社殿の西北に一山あり」とあり、「天神山」の項には「成子神社境内の一圓を云ふ、杉の間に梅樹を栽す、花の頃には淸香風に送られて森に滿ち、雅人の來り訪ふもの多し、此地眺望に富み武藏野平原を越えて芙蓉峯を仰ぐべし、春空霞むころ秋氣澄むころ皆佳ならざる無し。」と書かれています。

 この富士塚周辺には「百八塚」の伝承が残されており、この百八塚は古墳だったのではないかという説もあるようです。新宿区内では、「富塚古墳」が「高田富士」に、また「大塚古墳」が「上落合富士」に改変されたという事例も存在しますが、元々の小山であった「天神山」が百八塚の1基だったという可能性は、また古墳だったという可能性は考えられないのでしょうか。。。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 富士塚の登山口に立てられている「成子富士浅間神社竣成記念碑」です。4月1日に起工して百二十有余日の日子と千五百人の人工を費し、8月1日竣成、同年7日に盛大なる遷宮山開き大祭を挙行した旨の碑文が刻まれているそうです。(この碑文は石碑の裏側に刻まれていたかもしれないのですが、裏面を見るのは忘れてしまいました。)
 新宿区教育委員会による説明板には次のように書かれています。

新宿区登録文化財 史跡
成子天神社の富士塚
         所 在 地:新宿区西新宿八丁目十四番十号
         登録年月日:平成ニ年六月一日
 大正九年(一九二〇)八月に、成子天神社境内にあった天神山と
いう小山に富士山の溶岩を配して築かれたもので、区内で最後に
築かれた富士塚です。高さは約十二メートルあり、区内では最大
規模となっています。塚の北側には浅間神社の小祠があります。
 富士塚は、江戸時代中期より、江戸庶民の間で盛んになった
富士信仰の遺跡です。同業者を中心に富士講が組織され、神社の
境内に模造富士を築いて崇拝しました。
成子天神社の富士塚は、柏木・角筈地域(現在の北新宿・西新宿)
の人々を中心に組織された丸藤成子講が奉祀していたもので、最
盛期には約二〇〇名の講員がいましたが、現在は活動していませ
ん。
  平成二十六年十ニ月
                     新宿区教育委員会



「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 この富士塚はいつでも登拝できるようです。さっそく登ってみます。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 最初は緩やかな斜面なのですが、だんだんと急坂になっていきます。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 手すりがあるわけではないので、足下に気をつけないと。。。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 見上げてみると、いつの間にか頂上が頭上に見えています。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 小さい子供、高齢者、身体の不自由な人は登頂禁止のようです。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 最後、登山道はかなり急斜面となります。
 確かに、写真を撮るのに夢中になって足を踏み外すと落ちてしまいそうです。


「成子天神社の富士塚(鳴子富士)」―新宿区登録文化財 史跡ー

 到着!頂上のようすです。周りの風景がとても新宿らしい、都会の富士塚という感じですね。
 富士塚に改造されたといわれる天神山が古墳だったかどうかは、結局わかりませんでした。。。

<参考文献>
東京府豊多摩郡『東京府豐多摩郡史』
(財)日本常民文化研究所『富士講と富士塚 ―東京・神奈川―』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
新宿歴史博物館『ガイドブック新宿区の文化財 史跡(西部編)』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/09/18(月) 00:12:03|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「東大久保富士」 | ホーム | 百八塚 その4「新宿区No.7遺跡・大塚古墳・浅間塚」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/764-a3300133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区 (14)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (10)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
江戸川区 (0)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (17)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (18)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
荏原台(田園調布)古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
都指定史跡 野毛大塚古墳 (0)
荏原台(野毛)古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (11)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (22)
西東京•清瀬•東久留米市 (3)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (7)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
群馬県の古墳 (0)
茨城県の古墳 (5)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
長野県の古墳 (6)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR