FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「哲学堂公園内の塚状地形」

「哲学堂公園」

 「哲学堂公園」は、中野区松が丘1丁目に所在する、一万七千坪の広大な敷地を擁する公園です。この一帯はかつては和田山と呼ばれ、源頼朝が上総国から隅田川を渡って武蔵国へ入り、松橋(現在の板橋)へ陣取った際、和田義盛が陣屋を設けたところともいわれている場所です。哲学館大学(後の東洋大学)学長であった故井上円了博士が、精神修養の公園として明治39年に創設したところで、園内には哲理門、六賢台、宇宙館といった、77場の哲学に由来するさまざまな建物や石造物、通路などが造られています。

 この哲学堂公園周辺には現存する古墳こそ残されていないようですが、かつて存在したと考えられる古墳の伝承が数多く残されています。
 妙正寺川中流域右岸では、中野区松が丘1丁目周辺に「片山東南方高塚古墳群」と称する複数の古墳の存在の伝承があり、隣接する新宿区西落合2丁目の「妙正寺川No.1遺跡」からは、発掘調査により埴輪片が出土しています。また、中野区上高田5丁目の「遠藤山遺跡」からは合計4基の円墳の周溝が検出しています。
 妙正寺川左岸では、中野区沼袋1丁目の沼袋氷川神社境内の小丘から鉄剣が出土したことにより古墳の存在が判明しており、その後方の丘陵上にも小隆起が複数存在したという伝承が残されています。そして、哲学堂公園北東には「四ツ塚」と呼ばれる4基の塚が存在したといわれており、これは「豊島塚」のひとつではないかという説もあるものの、鳥居龍蔵氏はこの四ツ塚を古墳として紹介しており、『中野区史 上巻』でも「江古田一丁目四ツ塚古墳群」の名称で古墳として取り上げています。
 そして、哲学堂公園は、この四ツ塚と妙正寺川の間の丘陵縁辺部から妙正寺川に向かう斜面上に造られていることから、立地的に古墳築造に適した場所ではないかと仮定して、かつて存在した古墳の痕跡や古墳を流用した築山の存在を求めて哲学堂公園を散策してみました。


「哲学堂公園」

 画像は、哲学堂公園内に存在する築山です。77場の哲学に由来するというスポットの内には数えられていないようですが、人工的に築かれた塚ではないかとも考えられる形状で、妙正寺川に面する台地縁辺部に所在します。現地のスタッフの方にこの塚の名称をお聞きしたのですが(たしか「梵天(ぼんてん)××」と呼んでいたように記憶していますが)、正しい名称は忘れてしまいました。。。


「哲学堂公園」

 南東側の、哲学堂公園の外からフェンス越しに見た塚のようすです。塚上に植栽された植込みがあることから、南側からでは塚の全貌は把握し難いのですが、この角度から見ると円形の塚状地形を見ることが出来ます。(古墳じゃないのかな?)


「哲学堂公園」

 塚の頂部のようす。あとから写真で見てみると、塚の頂部の平らな部分は石室の石材で、房州石が置かれているのでは?とも見えるのですが、この日は注意力が散漫で色々見逃してしまいました。。。


「哲学堂公園」

 画像は「三学亭(さんがくてい)」です。三学亭は、日本の神、儒、仏の三道の中で最も著述の多い大家として、神道の「平田篤胤」、儒教の「林羅山」、仏教の「釈凝然」の三人を祀っているそうです。井上円了曰く、「三学は三角と音相通じることから三角の意匠を用いた」としており、形状は徹底した三角尽くしとなっています。三角形の小山の三方に階段が設けられており、山の頂部には三角形の屋根を持つ三本柱の亭子があります。
 ちなみにこの山を下りたところには「尾無毛泉無白(尾に毛無し、泉に白無し)」の石柱があり、この文句は「尿」の字になり、便所を指すのだそうです。(う〜ん、よくわからない)。。。


「哲学堂公園」

 三学亭の頂部のようすです。もしこの塚が古墳であればかなり改変されているということになりそうですが、古墳を流用したものであるかどうかはよくわかりませんでした。。。


「硯塚」

 画像は、三学亭の麓に立てられている「硯塚(すずりづか)」の石碑です。井上円了が全国を巡遊中、求められて各地で揮毫した際に用いた硯を供養した記念碑で、「筆塚」と対になっているそうです。マウンドは存在せず、この碑のみが存在するようです。


「筆塚」

 画像は「筆塚」です。「硯塚」と対になっているもので、この塚もマウンドは存在せず、丘陵斜面に石碑のみが建てられています。古墳とは無関係であると思われますが、「塚」の文字を見るとやはり気になってしまいます。。。

 公園内にはかなり多くの文化財が存在するのですが、今回はこれらの史跡には目もくれず(笑)、塚状に盛られたマウンドと「塚」と名のつくスポットのみを紹介しました。果たしてこの哲学堂公園内に古墳が存在したのかどうか、今のところその詳細は不明です。。。

<参考文献>
学生社『中野区史跡散歩』
哲学堂公園管理事務所『ガイドマップ哲学堂公園』


人気ブログランキングへ


  1. 2017/09/30(土) 00:03:13|
  2. 中野区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「擂鉢山」 | ホーム | 「遠藤山遺跡(二次調査) 1号墳」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/773-97b164fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR