FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「吾嬬神社」

「吾嬬神社」

 画像は、墨田区立花1丁目にある「吾嬬神社」を南から見たところです。
 この吾嬬神社の祭神は弟橘媛命を主神とし、相殿に日本武尊が祀られています。

 この神社の創始については次のような伝説が残されています。景行天皇の皇子日本武尊が妻の弟橘媛とともに相模国から相模国から上総国に遠征に向かっていたところ、一行は大嵐に巻き込まれてしまいます。舟が沈没してしまうほどの海の荒れ方に、弟橘媛が海神の怒りを鎮めるために海中に身を投げてしまいます。すると、まるで何事もなかったかのように海は穏やかとなり、一行は無事に房総半島に上陸することが出来ました。その後、日本武尊はこの地で、流れ着いた弟橘媛の肩掛けを見つけ、この遺品を埋めて塚に埋納し、玉垣をめぐらせました。そして弟橘媛のの霊を鎮めるために食事をして、その時に使っていた箸を「末代平天下ならんにはこの箸二本ともに栄ふべし」と祈りを込めて塚に突き刺したところ、枝葉を生じました。これを、めでたいことが起きる兆しとして神木としたのが「連理の楠」であるといわれています。


「吾嬬神社」

 吾嬬神社境内のようすです。
 吾嬬神社の拝殿は、伝説にいわれているように塚の上に建てられています。

 吾嬬神社境内の案内板には次のように書かれていました。

 往時は吾嬬の森八丁四方と云はれまた浮洲の森とも呼ばれこんもりと茂った森林の神域にあった名社である 草創は遠く景行天皇(十二代)の頃にさかのぼり御祭神は弟橘媛ノ命を主神とし日本武尊ノ命を御合祀奉斉してあります。正治元年(一一九九)北條泰時が幕下の葛西領主遠山丹波守らに命じて神領三百貫を寄進し社殿を造営した 嘉元元年(一三〇三)開創の真言宗宝蓮寺現亀戸四丁目を別当寺とし吾嬬大権現と称した 以後武家の尊崇があって安永三年(一七七四)大川橋の新設にあたり江戸から当社えの参道にあたるところから橋名を吾妻橋と称したともいゝ、明治二十一年に数村を合せて吾嬬村と称したのは時の府知事高崎五大の発案で社名をとったのである。
 抑当社御神楠は昔時日本武ノ命東夷征伐の御時相模の国に御進向上総の国に到り給はんと御船に召されたるに海中にて暴風しきりに起り来て御船すでに危ふかりしに御后橘媛ノ命海神の心を知りて御身を海底に沈め給ひしかば忽海上おだやかに鎮りたり時に一つの島忽然と現れ到る心を知りて御船をば浮洲に着けさせ嶋にあがらせ給ひてあゝ吾妻恋しと宜ひしに俄かに東風吹き来りて橘媛ノ命の御召物海上に浮び磯部にたじ寄らせ給ひしかば尊大きに喜ばせ給ひ橘媛ノ命の御召物を則此浮洲に納め築山をきづき御廟となしたりこれ現在の御本殿の位置なり此時尊は食し給ひし楠の御箸を以て末代天下平安ならんには此箸忽ち根枝を生じし処葉茂り連理の男木女木となれり神代より二千有余年の星霜おし移ると云へ共尚梢えの色変らず栄えし処名樹も第二次大戦の災禍を被り焼け落ちて化石の如き姿で残った其一部を以て賽銭箱を造り御神前に永く保在される事となった以後御神徳に依る数々の奇瑞を現わし諸人の助けとなりたる神樹を惜みて明治維新百年祭を記念して元木に優る名樹に成長を祈念しつゝ二本の若木が植えられた爾来十年余念願成就の兆し現れ日毎に葉茂り枝栄えたりこれこそ御神木の再生ならんと此由来を御世に伝えんと略してしるす也



「吾嬬神社」

 築山を、角度を変えて南西から見たところです。『東京都遺跡地図』で確認すると、参道と境内の敷地が「墨田区No.2遺跡」という名称の包蔵地として登録されており、縄文土器が出土しているようです。
 人類学・民俗学の先駆者である鳥居龍蔵氏は、著書『上代の東京と其周圍』の中で、この築山を古墳であるとして紹介しています。これが古墳であるとすればおそらくかなり改変されており、元々はかなり大きな古墳だったのではないかと考えられますが、この地域の成り立ちを考えると古墳とは考え難い様にも思います。
 果たしてこの築山は古墳だったのでしょうか。。。


「吾嬬神社」

 吾嬬神社拝殿のようす。


「吾嬬神社」

 由緒書にも書かれていた「連理の楠」の現在のようすです。一つの根から二本の幹が出ていることから「相生の樟」と呼ばれていたようです。
 『本所雨やどり』には、この樟の葉を煎じて呑むと病気に効くと信じられていたことが記されており、全快した人が納めたお札の赤い幟が数多くはためいていたようすが錦絵に見ることが出来ます。


「吾嬬神社」

 拝殿の背後はさらに一段高くなっており、本殿が祀られています。
 現地で確認したところでは、吾嬬神社の築山は南北に細長い形状をしています。ひょっとしたら、北側が後円部で、南側が前方部という前方後円墳だったのではないかとも考えられます。
 文京区の「富士神社古墳」が前方後円墳であるならば、この吾嬬神社だって十分に前方後円墳に見えるよ!と心の中で叫んでみました。。。


「吾嬬神社」

 鳥居龍蔵著『上代の東京と其周圍』ではこの吾嬬神社についての詳しい記述は見られないのですが、同書226ページには大正時代の吾嬬神社の写真を「吾嬬の森の古墳」として紹介しています。画像がその吾嬬神社の写真です。
 この写真からすると、築山自体が古墳というよりも、社殿の背後の円形の塚を指して古墳であるとしている可能性も感じます。真相はどうなのでしょうか。。。

<参考文献>
鳥居龍蔵『上代の東京と其周圍』
墨田区教育委員会『墨田区の民間伝承・民間信仰』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/10/11(水) 03:19:13|
  2. 墨田区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「業平塚」 | ホーム | 「御殿町古墳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/778-c6b732c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (19)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (8)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (37)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (7)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (52)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京の一里塚 (22)
東京の庚申塔 (5)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR