FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「箱根山」

「箱根山」

 画像は、新宿区戸山町2丁目の戸山公園内に所在する「箱根山」を北から見たところです。標高44.6mと、山手線内で最も標高が高いとされる人造の築山です。

 この一帯は、江戸時代は、徳川家御三家の一つである尾張家の下屋敷でした。このお屋敷は、寛文7年(1667)から元禄7年(1694)までの27年の歳月を費やして完成しており、回遊式庭園には二十五景をしつらえる、水戸家の後楽園と並ぶ名園であったといわれています。そしてその後、相次ぐ火災や風被害により次第に荒廃したままとなり、安政六年の青山大火で類焼した後は復興されずに、明治維新後には陸軍戸山学校となっています。
 そして終戦後の昭和24年3月、日本で初めての水洗式トイレ完備の集合住宅一千戸近くが完成して戦災者や引揚者が入居、現在の戸山ハイツが完成します。これは、戦後の団地のはしりであるそうです。
 箱根山は、江戸時代の庭園内に造られた「玉円峰」と呼ばれる築山です。その後、明治天皇が戸山学校へ御臨幸の際には必ずこの山に登られてあたりを眺められたということで、これを記念して「明治天皇御野立所」として残されています。


「箱根山」

 別角度から見た箱根山です。かなり大きな築山であることがわかると思います。箱根山の麓に東京都により立てられている説明板には、この地域の歴史について次のように書かれていました。

 箱 根 山 地 区 の 歴 史
 この地区は、その昔 源賴朝の武將 和田左衛門尉義盛の領地で、
和田村と外山村の両村に属していたことから「和田外山」と呼ばれ
ていた。
 寛文八年(一六六八)に至り尾州徳川家(尾張藩)の下屋敷とな
り、その総面積は約十三万六千余坪(約四十四万八千八百余㎡)に
及び、「戸山荘」と呼ばれるようになった。
この「戸山荘」は、寛文九年(一六六九)に工事を始め、天和(一
六八一~一六八三)・貞享(一六八四~一六八七)の時代を経て元禄
年間(一六八八~一七〇三)に完成した廻遊式築山泉水庭である。
 庭園の南端には余慶堂と称する「御殿」を配し、敷地のほぼ中央
に大泉水を掘り琥珀橋と呼ばれる木橋を渡し、ところどころに築山・
渓谷・田畑などを設け、社祠堂塔・茶屋なども配した二十五の景勝
地が造られていた。
 なかでも小田原宿の景色を模した「町並み」は、あたかも東海道
五十三次を思わせる、他に類のない景観を呈していたと伝えられて
いる。
 その後、一時荒廃したが、寛政年間(一七八九~一八〇〇)の初
め第十一代将軍家斉の来遊を契機に復旧された。その眺めは、将軍
をして「すべて天下の園池は、まさにこの荘を以て第一とすべし」
と折り紙を付けしめたほどであった。
 安政年間(一八五四~一八五九)に入り再び災害にあい、その姿
を失い復旧されることなく明治維新(一八六八)を迎えた。
 明治七年(一八七四)からは陸軍戸山学校用地となり、第二次大
戦後は国有地となりその一部が昭和二十九年から今日の公園となっ
た。
 陸軍用地の頃から誰からともなく、この園地の築山(玉円峰)を
「函根山」・「箱根山」と呼ぶようになり、この山だけが当時を偲
ぶ唯一のものとなっている。
             平成2年3月公園整備を記念して
                           東京都



「箱根山」

 画像は戸山公園内に立てられている「陸軍戸山学校址碑」です。明治6年には陸軍戸山学校が設置され、教育や研究が行われていたそうです。

 この地は和田戸という武士の
館の跡で源賴朝が源氏の勢ぞろ
いをした所と伝えられ後代和田
戸山と呼ばれた寛文年間尾張徳
川侯の下屋敷となり殿堂宮祠等
かずかずの建物と箱根山を中心
とし東海道五十三次に擬した風
雅な庭園が造成された明治六年
その地に兵学寮戸山出張所が設
けられ翌七年陸軍戸山学校と改
称されて以来約七十年にわたっ
て軍事の研究教育が行なわれ国
軍精強の基を培ったばかりでな
く国民の体育武道射撃音楽の向
上に幾多の寄与をした記念すべ
き地であるこの度東京都がこの
地に緑の公園を整備されるにあ
たってこの記念碑を建てて東京
都に贈る
 昭和42年11月
 元陸軍戸山学校縁故有志一同


「箱根山」

 富士信仰に基づき、都内各所に富士山を模して築造された「富士塚」は、元々存在する古墳を流用したものも少なくないようです。新宿区内では、高田富士や上落合富士が、元々存在した古墳を利用して築かれたといわれています。さらには、同じように古墳を流用して造られた「経塚」や「庚申塚」なども存在します。
 また、江戸時代の下屋敷の庭園の築山などに利用されたことにより、運良く崩されずに残されたという古墳も存在するようです。
 この箱根山もかつては尾張家の下屋敷の敷地内に造られた築山で、台地の縁辺部に所在しています。ひょっとしたらこの場所にも元々存在した古墳があり、これを流用して箱根山が築かれた可能性はないものだろうかと考え、その答えを求めてこの地域の郷土資料を色々と調べていたのですが、そのような文献を見つけることはできませんでした。

 この箱根山の東側、現在の喜久井町周辺は地名の由来となった「供養塚」と呼ばれる塚のあった場所といわれており、さらにその周辺には古来古塚が多くあり、これを「十塚」と呼んだのが「戸塚」になったとする説が江戸時代の地誌類に記されており、この古塚の多くは古墳だったのではないかといわれている地域です。
 ちなみに昭和57年度から59年度にかけて東京都教育委員会が実施した東京都心部遺跡分布調査では、古地図を検討することにより当時すでに消滅していた古墳の位置の復元が行われており、この調査結果が掲載されている『都心部の遺跡』には新宿区戸山、若松町周辺の地形図が掲載されています。この古地図には、「十塚」の伝説を裏づけるかのようにかなりの数の塚状の地形(すべてが古墳かどうかは別として)を確認することが出来ます。
 また、北東に700~800メートル程の地点には、「富塚」と呼ばれる古墳が存在したといわれており、この古墳は「高田富士」と呼ばれる富士塚に改変された後に、早大9号館建設のため削平されて消滅しています。富塚は前方後円墳だったともいわれていますが、そこからさらに300メートル程の地点からは、近年の発掘調査により2基の円墳が検出されています。
 そしてさらに、南に隣接する「穴八幡宮」は、丘陵斜面に築造された横穴墓だったともいわれています。

 周囲の状況としては、ここに古墳が存在したとしてもおかしくない場所ではないかと思うのですが、こればかりは箱根山を掘り崩してみないと真相はわかりませんね。。。


「箱根山」

 敷地内には教会があって幼稚園が併設されているのですが、この建物の土台の部分には、陸軍戸山学校の時代から存在したという将校の集会所の建物がそのまま使われているようです。
 

「箱根山」
 
 この箱根山を登頂して戸山公園サービスセンター(大久保地区)を訪れると、自己申告することで「登頂証明書」を発行してもらえます。
 私は、この箱根山を最初に訪れた時はこのシステムを知らずに帰宅してしまったのですが、(そもそも時間が遅くてサービスセンターに行くのが無理だったし。笑。)今年に入ってから再登頂してめでたく証明書を発行していただきました。

<参考文献>
羽賀善次郎『新宿の散歩道 その歴史を訪ねて』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都建設局・財団法人新宿生涯学習財団『下戸塚遺跡Ⅳ』
新宿歴史博物館『ガイドブック新宿区の文化財 史跡(西部編)』



人気ブログランキングへ

  1. 2017/10/19(木) 01:16:27|
  2. 新宿区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「穴八幡宮」 | ホーム | 「下落合横穴墓群跡」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/782-0958a8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (16)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (33)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (7)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (0)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (12)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (12)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (6)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (18)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (0)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR