FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「入定塚」

「入定塚」

 画像は、葛飾区奥戸2丁目に所在する「入定塚」を南から見たところです。画像の右側は「南葛大師」で、左側が入定塚であるとされる「森市地蔵尊」です。森市地蔵尊の祠の前には「入定塚」の石碑が建てられています。
 この場所には、村の古老の間で語り伝えられたという伝説が残されています。

 ここに入定埋葬されたという森市は、他郷からこの土地に流れてきて土着したといわれ、村人の施しに縋って毎日の命を継いでおり、有る時は食べ、無い時は食べないという状態で、この塚のあたりに小屋を掛けて雨露を凌いでいたといわれています。森市は毎日村を廻って日暮れにはここに戻り、貰ったものを煮炊きしていました。村人たちはその姿を見ていて、何もない時に残り物を持っていって与えてやると、何度も何度も頭を下げていたそうです。
 こうして何年か暮らすうちに、森市は自分の寿命が尽きることを悟り、これまで情けをかけてもらった村人の恩義に報いるために、生きながら入定して悪疫災難を村から除き、村人の無病長生の祈願を続けることを約束しました。
 森市は、「この鈴の音が聞こえなくなったら成仏したと思って下され。念願は成就します。」と遺言を残してこの地に作法通りに座禅を組み、経文を唱えて行ない済せて宝鈴を振り続け、森市は村の発展と平和を願い、入定を断行したといわれています。

 「入定塚」前に立てられている説明板には次のように書かれていました。

 入 定 塚 の 由 来
 此の入定塚は、森市と言う六部(行者)の終焉の地です。
以後この場所を、森市地蔵・または圦の河岸・と呼んでいます。
 森市は、江戸時代他国より廻国してきた「六部」で、此の村で何年か過ごし
ましたが村人にも大変尊敬された行者でしたが「自己の天寿を悟り」今迄大変
お世話になった村の人等の繁栄を祈願し「入定」しました(入定とは生きなが
ら墓穴に入り、即身仏となって命を断つ意)。
 経文を唱え、鉦を打ち、其の音が「三日・三晩」続いた……と伝えられてい
ます。村人は森市の死を哀れみ、お地蔵様を祀り供養しました。
 現在のお地蔵様は、お堂内に祀られている聖徳太子像の、背面に安置され
ています。

 南 葛 大 師 第十二番 の 由 来
 南葛八十八ヶ所の一霊場として、お大師様のご遺徳と村の繁栄を願い、大
正十二年奥戸六丁目・真言宗 善紹寺住職 宇田川恵心 師、竝に地元有志
の「発願」により小堂を建て、弘法大使の石像を安置したもので「南葛大師」
と呼び称されています。以来、旧南葛飾郡一円の善男善女の信仰を集め、現
在に至っています。
  古き代の 石のみほとけかしこみて
              斎きまつれる 人ぞ尊き
                          坂本 凱二  詠
 両社とも毎年六月二十四日 午前十時より盛大な供養会を執行しています。
                  所在地 葛飾区奥戸二丁目一番八号
  平成十年六月
                     森市福地蔵尊弘法大師奉賛会



「入定塚」

 森市の入定を哀れんだ村人は遺言通りに塚を築いて手厚く葬り、それがこの「森市地蔵尊」です。
 この付近に住むたばこ屋の老婆の話では、子供の頃に古老から聞いた話として、宝鈴の音が三日三晩鳴り響いたそうで、このころに森市は入定したのではないかと話されていたそうです。
 このお話は、いつ頃の時代のものかも判らず、また森市という六部とも按摩とも知れない人物が何者なのかはいっさい不明ですが、現在も村人の篤い信仰によって老人たちの念仏講中に支えられて、毎年2月には墓前で念仏供養会が捧げられているそうです。

 私が訪れた当日も、地元の女性が犬の散歩がてら、この森市地蔵尊にお参りに来ていました。
 今でも地元の人に大切に祀られているようです。。。

<参考文献>
萬年一『葛飾百話』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/10/30(月) 00:02:24|
  2. 葛飾区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「葛飾区№23遺跡」 | ホーム | 「一里塚」(葛飾区指定旧跡)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/790-34a0d7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (9)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (21)
豊島区の古墳・塚 (4)
文京区の古墳・塚 (10)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (18)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (8)
目黒区の古墳・塚 (11)
渋谷区の古墳・塚 (22)
港区の古墳・塚 (9)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (16)
大田区/田園調布古墳群 (40)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (11)
大田区/その他の古墳・塚 (54)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (10)
世田谷区/大蔵古墳群 (1)
世田谷区/砧中学校古墳群 (3)
世田谷区/喜多見古墳群 (16)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (17)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (15)
府中市/高倉古墳群 (33)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (17)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (10)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (7)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市の古墳・塚 (25)
八王子市の古墳・塚 (36)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京市•東久留米市の塚 (6)
小金井市•国分寺市の塚 (7)
東村山市•東大和市の塚 (10)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (11)
相模原市の古墳・塚 (14)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (3)
千葉県の古墳 (1)
東京都内の一里塚 (22)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR