古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「富士森の富士塚」

「富士森の富士塚」

 八王子市台町の富士森公園南にあるのが「浅間神社」です。駿河の本宮浅間神社を分社したもので、一の鳥居をくぐり、参道を進んだ拝殿の後方に富士塚が所在します。この拝殿は、昭和2年の大正天皇葬儀に使用された斎場殿を移築したもので、戦前は大正殿と呼ばれていたものの戦後の浅間神社が荒廃したことから拝殿として移築されたものであるそうです。そして、富士塚は八王子総代官大久保長安の代に築いたと伝わるもので、この頂上に神社を勧請したのが起源であると伝えられています。
 元々この場所に存在した古墳を転用して築かれた富士塚であるとする説もあることから、見学に訪れてみました。


「富士森の富士塚」

 画像は、南から見た富士塚です。文政3年刊行の江戸時代の地誌『武蔵名勝図会』には「富士塚 御所水村の民家より南の方にて、小山の上にあり。塚の四辺、広さ凡そ四段歩程、除地にて、その中に塚あり。高さ二丈程。廻り百八十歩余。塚上の広さ四間四方。石の小祠あり。この塚は往古大久保石見守が築建して、浅間の社を勧請したる由なり。小高き丘地の上に高さ二丈の塚を築きたれば、富嶽を望む勝地なるが、近来は塚の四辺の杉その他雑木成木せしゆえ、いまは土人富士森と唱う。小比企村万福寺持なり。万治年中万福寺住僧建立の本社四尺四方、上屋二間に二間半の社を造営せしが、人家離れのところゆえ悪党が社の内を住まいとして或は人を殺害しけることなどありしゆえ、取払いて延享元年いまの石祠を建てける。」と書かれています。


「富士森の富士塚」

 画像は、北東から見た富士塚です。敷地内に設置された『浅間神社縁起』には次のように書かれていました。

浅間神社縁起
 浅間神社は木花咲耶姫を祭神とし、一つに富士浅間様とも言い、駿河国の本宮浅間神社を分社したものです。
 慶長年間(1596~1613)、大久保石見守長安が高さ約二丈(約6m)周囲六十間(約109m)余りの塚を築き、頂上に浅間神社を勧請したのが当社の起源です。
 この場所は、往古より樹木生い茂れる森にて、藤森と言い、塚も藤塚と書かれていましたが、慶長年間、富士浅間神社創立後は富士森又は富士塚と書くようになりました。
 宝永年間(1705頃)、社殿破壊に及び、延享二年(1755)改めて石造りの社を再建したのが本殿で、現在の奥の院石造りの社です。又、天明六年(1787)には石の階段が造られました。当社は元々拝殿がなく、祭典は毎年山上で行ってきました。例祭は八月一日で七月三十一日の宵宮より参拝者で雑踏し、境内には団子を売る商人が軒を並べ、この団子を食べる者は暑気にあたらぬとの言い伝えに、別名『団子祭り』とも呼ばれる様になりました。
 この団子祭りの起こりは、明治の中頃社頭に住居して宮守をして居た者が、当社に献じた洗米で団子を作り、希望者へ分与したのが始まりです。
 当社の例祭に行う、湯の花の神事は、心身の汚れを祓い清め、すがすがしい精神で氏子一同神へ奉仕する意味です。
 当社は子授かり、安産の神として信仰されていますが、この由来は、天照大神の御孫瓊々杵命の皇后である当社の祭神木花咲耶姫命が、一夜にして身ごもったため夫の命より疑いを受けた際、身の潔白を立証するため、□屋に火を放ち、火中で皇子を安□されたと言う古事に起因するものです。
 現在の拝殿は昭和二十八年に大正殿(大正天皇のご大葬の時多摩御陵に造られた式典用の建物)を移築し建て直したものです。
 昔より古い歴史を持つこの浅間神社は今、台町一丁目、台町二丁目、台町三丁目、台町四丁目及び万町二丁目によりお護りされています。



「富士森の富士塚」

 訪れた当日は、富士塚山頂へは立ち入り禁止となっており、登拝する事は出来ませんでした。石段を登った頂上には浅間神社本殿があり、その中の石祠には浅間大菩薩(木花開耶姫命)が安置されているそうです。また、富士山形の天然石が祀られているそうですが、これも見学することは出来ず、残念でした。

<参考文献>
竹谷靱負『富士塚考 江戸高田富士築造の謎を解く』
中島善弥『八王子発見―路地散策案内』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/12/06(水) 01:35:45|
  2. 八王子市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「散田の富士塚」 | ホーム | 「虫塚・すくも塚・塵芥塚」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/815-de061fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区 (13)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
葛飾区 (13)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (10)
江戸川区 (0)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
墨田区 (3)
練馬区 (7)
豊島区 (2)
文京区 (8)
杉並区 (17)
中野区 (17)
新宿区 (18)
千代田区 (7)
目黒区 (8)
渋谷区 (18)
港区 (8)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (94)
荏原台(田園調布)古墳群 (34)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (72)
荏原台(野毛)古墳群 (24)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (8)
その他の古墳・塚 (16)
三鷹市 (4)
狛江市 (62)
狛江古墳群-和泉支群 (26)
狛江古墳群-岩戸支群 (7)
狛江古墳群-猪方支群 (29)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (55)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (11)
府中市 (77)
史跡 武蔵府中熊野神社古墳 (2)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
府中市内の塚 (10)
国立市 (24)
下谷保古墳群 (12)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (9)
立川市 (14)
稲城市 (8)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (30)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (47)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (16)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (28)
西東京•清瀬•東久留米市 (3)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (13)
福生市•羽村市•瑞穂町 (12)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
宇都宮市•鹿沼市 (0)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (6)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (0)
千葉県の古墳 (1)
神奈川県の古墳 (2)
未分類 (3)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR