FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー

「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー

 さて、前回に引き続き、今回紹介するのは東京都東村山市本町1丁目に所在する塚で、「大塚(境塚)」と「小塚(境塚)」です。
 大塚は、西武線東村山駅の南方数百メートルほどの地点に位置する塚で、昭和44年にはその遺跡範囲のすべてが東村山市の史跡として指定されています。『東京都遺跡地図』には東村山市の遺跡番号47-1番に「近世の塚」として登録されています。大塚の場所は、東村山市により「平和塔公園」として整備されており、昭和36年(1961)には塚の頂部に平和の女神像が建立されています。
 画像は、大塚の所在する「平和塔公園」を東から見たところです。


「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー

 画像が、南から見た大塚のようすです。
 塚の周囲は若干の加工が施されており、塚の裾部は石垣が積まれて土留めが行われています。塚には階段が設けられており、平和の女神像のある塚上に登ることができます。この大塚の形状は陽丸方形を呈しており、径は東西19メートル、南北21メートル、高さ4.5メートルを計り、発掘が行われていないことから塚の内部構造は不明とされています。

 塚の前には、東村山市教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれています。

   境 塚 (平和塔公園)
 武蔵狭山丘陵の村々は近世中ごろにかけて広い
秣(馬のエサ)場であったが、幕府は武蔵野原の新
田開発をすすめた。
 延宝、元禄年間には入会地の開こんをめぐって幕
藩領主層と自立農民との対立も起り、延宝八年(一
六八〇)には「境目絵図」がつくられたり、その後
村々にはこのような境塚が築かれ、そのひとつとい
われる。
 もと「大塚」「小塚(今はなし)」と呼ばれた。頂上
にはご覧のように平和の女神像が建立(昭和三六年)
されている。

   浅間塚
 あちら側にある円墳状の塚で、頂上にはかつて浅
間神社の石祠が祀ってあって、富士信仰による浅間
塚と呼ばれている。
 西宿(現、諏訪町の一、二丁目)の講中の方々の
信仰のものであったもので、この祠は、いま諏訪神
社(諏訪町)境内にうつされている。
              東村山市教育委員会
 境塚・浅間塚とも市史跡として昭和四四年三月指定



「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー

 大塚の頂部のようすです。平和の女神像が建てられています。
 武蔵野狭山丘陵の村々は、近世初頭から中頃にかけて広い秣場だったそうですが、江戸幕府により武蔵野原の新田開発が進められました。延宝・元禄年間に、入会地の開こんをめぐって幕藩領主層と自立農民との間に対立が起こり、延宝8年(1680)には「境目絵図」が作られ、その後村々には境塚が築かれたといわれています。この大塚もそのうちの1基であるといわれているようです。


「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー

 大塚の南東に数十メートルほどの地点にはもう1基、「小塚」と呼ばれる塚が所在したといわれています。隣接する「大塚」とともに境塚だったといわれる塚で、『東京都遺跡地図』には東村山市の遺跡番号47-2番に「近世の塚」として登録されています。
 この「小塚」は、高さは約3メートル、底面積は十坪ほどの塚で、「こっぺ塚」という愛称がつけられていました。府中街道の東側で、現在の東村山市本町1丁目4番地に所在したようです。画像の地点が跡地であると思われますが、残念ながら塚の痕跡は残念ながら見ることができません。昭和38年頃に開墾により崩されて消滅したようですが、削平の際には、遺物は何も出土しなかったと伝えられています。
 古地図などで確認すると、この地域には「四っ塚」という小字が存在しており、またこの地域の地誌、『 狭山の栞』にも「四っ塚」という塚があったことが記されています。おそらくは、この地域にはかつてもう1基、未知なる塚が存在したのではないかと考えられますが、このあたりの真相はすでにわからなくなっているようです。


「大塚・小塚(境塚、こっぺ塚)」 ー東村山市指定史跡ー
出典:国土地理院ウェブサイト(http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=421186&isDetail=true)

  画像は、国土地理院ウェブサイトより公開されている、昭和36年9月5日に国土地理院により撮影された、大塚と小塚の所在地周辺の空中写真のようすです。わかりやすいように跡地周辺を切り取っています。画像の左上が大塚、右下が小塚です。削平されてしまう直前の小塚をはっきりと確認することができます。

<参考文献>
東村山市史編纂委員会『東村山市史』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2018/04/16(月) 00:37:40|
  2. 東村山市•東大和市の塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「浅間塚」ー東村山市指定史跡ー | ホーム | 「久米川富士」ー東村山市指定史跡ー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/888-28a8c7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (16)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (33)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (7)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (0)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (12)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (12)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (6)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (18)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (0)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR