FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「渋谷区№4遺跡」

「渋谷区№4遺跡」

 画像は、渋谷区代々木5丁目にある「代々木八幡神社」を西から見たところです。
 健歴2年の創建と伝えられるこの神社は、江戸時代の寛文11年頃にこの地に移転されており、かつての代々木村の鎮守であったといわれています。境内には古墳に関係すると思われる伝承が残されており、『東京都遺跡地図』には渋谷区の遺跡番号4番の古墳(円墳)が登録されています。


「渋谷区№4遺跡」

 鳥居をくぐり、境内に入るとまず目に飛び込んでくるのはこの復元された古代住居跡です。昭和52年5月26日には渋谷区の史跡として指定されているこの「代々木八幡遺跡」は、昭和25年(1950)に発掘調査が行われており、多数の土器や石器類とともにロームを浅く掘りくぼめた住居と、その中に掘られた柱穴を発見されています。縄文時代の住居跡とともにが検出されています。ここから出土した加曾利E式土器によって、この住居には約4500年前に人が住んでいたと推定されているそうです。
 この復元住居前には渋谷区教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれていました。

代々木八幡遺跡と石器時代住居

 この遺跡は今から四千五百年程前の、石器時代中期を中心に栄えたも
ので、標高三十二、三メートルの幡ヶ谷丘陵の南方に突き出した半島
の端に位している。当時、この前の低地は海の退きはじめた沼のような
ところで丘のうしろは一面、カシやナラの森で、そこにはシカやイノシ
シなどの動物が多く当時の人達はそれを取ったり木の果を拾って、見は
らしの良いこの丘の上で永く住みついていた。
 昭和二十五年渋谷区史を作るため発掘研究が行われたが、そのときに
は、地下三十センチメートル位のところから沢山の遺物が発見された。
土器は縄文式土器中期の加 曽利E式の鉢や壺が一番多く、その他わづか
ではあるが、前期の黒浜式や諸磯式、後期の堀ノ内式、加曽利B式など
も出たから、前期にはじまり、中期に栄え後期までつゞいたことがわか
る。石器としては石斧、石槌、石棒、石錐、石鏃、凹石、皮剝などが発
見されている。
 この発掘のとき、地下八十センチメートル位の下のローム層の上に当
時の住居(竪穴家屋)の跡が一個分発見されたので、その上に当時のまゝ
の家を組み立てゝ作ったのが、この復元住居である。この家は直径約六
メートルの円形にローム層を約二十センチメートル掘りくぼめ、その内
がわの周に高さ一メートル六十センチメートルの柱を十本程立て、その
柱の頭に 桁を横に結びつけ、その桁に椽を二十一本周から葺き寄せて、
屋上で円錐形に結び合せ、この上に萱を葺いて作ってある。屋上の南北
には煙出しを作り東側には入り口をその北側の貯蔵室の跡にはこゝだけ
椽を葺き出し中央部には爐の跡がそのまゝ残してある。貯蔵室に掘り埋
めてあった大型土器と爐の中に置いてあった底なしの二個の土器は別に
保存してある。この家の内は冬は野外より十度温かく夏は十度程涼しい
し、内でたき火をすれば数時間で床面は乾いて案外住み心地が悪くない。
使った木材は当時の附近の森相から考えてカシ、クリ等濶葉樹にした。
(この復元家屋は東大建築工学教授藤島亥治郎博士の検閲を得て国学院大学教授樋口清之 博士が立案したも
のを当区で作成した詳細は『渋谷区史』九二-一〇五頁参照)

                   東京都渋谷区教育委員会


 
「渋谷区№4遺跡」

 本殿の向かい側には「代々木八幡遺跡出土品陳列館」があり、出土した遺物や発掘当時の写真などが展示されています。古代人の等身大の人形なども飾られていて、さながら境内に造られたプチ郷土資料館という感じで、充実していますね。


「渋谷区№4遺跡」

 代々木八幡遺跡は、昭和25年(1950)の夏に国学院大学考古学資料室と上原中学校の生徒たちにより、また同年秋には旧渋谷区史編纂委員会により発掘調査が行われています。その後、平成22年(2010)にも社務所増築工事に先立つ発掘調査が行われています。出土した遺物は縄文時代のものが多く、この陳列館にて公開されている遺物には古墳時代のものは存在しないようですが、果たして本当にこの場所に古墳が存在したのでしょうか。


「渋谷区№4遺跡」

 代々木八幡神社境内のようすです。
 渋谷区というと、何かと人の多いイメージがありますよね。先日のW杯コロンビア戦勝利の際には、渋谷駅前のスクランブル交差点は大盛り上がりだったようですが、この代々木八幡神社は神聖なる森の中、という感じで、いつもとても静かです。


「渋谷区№4遺跡」

 画像の奥が、古墳の跡地であると思われる「出世稲荷社」で、南西から見たところです。この稲荷社は、ある芸能人がこの出世稲荷社にお参りしたところ仕事が増えたという話がテレビ番組で紹介され、注目が集まっているそうですが、この場所が古墳跡であると考えられていることはほとんど知られていないようです。
 この稲荷社について、説明板が立てられていますが、やはり古墳についてはふれられていませんでした。

出世稲荷社
祭礼日:旧暦初午の日
 第二次世界大戦末期の昭和二十年(一九四五)五月二十五日夜、この
あたりは米軍の空襲により大きな被害を受けた。幸い神社は焼け残
ったが、周辺は一面焼野原となり、その焼跡には家々で祀っていた
稲荷社の祠や神使の狐などが無惨な姿をさらしていた。それらを放
置しておくのはもったいないと、有志の人々らが拾い集め、合祀し
たのがこの稲荷社の最初で戦災の記憶と平和の大切さを偲ぶよすが
ともなっている。
 なお、祭礼日の旧暦初午の日には、さまざまな祈願をこめた紅白
の幟の奉納が行われる。



「渋谷区№4遺跡」

 出世稲荷社を間近で見たところです。
 明らかにこの周囲が一段高くなっているようですが、古墳とするには周囲の改変が著しく、墳形を推測するのは難しそうです。


「渋谷区№4遺跡」

 古墳ではないかと考えられる、マウンド上のようすです。
 左側が出世稲荷社の祠で、右側に見えるのは榛名山登山碑です。
 昭和41年(1966)に東京都渋谷区より発行された『新修 渋谷区史 上巻』には、「代々木八幡神社境内より集塊岩ようの石棺蓋が出土したという話であるが、早く井戸の中に埋められたと伝えられる。しかし、ほかに傍証となるべきものがない限り、古墳が存在したという断定を下し得ない。」と記されています。この場所を古墳であるとする背景には、この伝承の存在があってのことかと思われますが、少なくともこの塚状地形の周辺に、古墳であるという確証を得られるような材料はなく、出土したとされる石棺蓋が発見されない限りはなんとも言えないところです。


「渋谷区№4遺跡」

 角度を変えて、南東から見た塚状地形のようすです。
 実は訪れた当日に、代々木八幡神社の別当寺である福泉寺のご住職にお話を聞くことができたのですが、石棺蓋出土についての詳細は分からず、出土した石棺蓋が埋められたという井戸の場所も知ることはできませんでした。
 現在の代々木公園や明治神宮内には、とても多くの古墳の伝承が伝わっているようですし、この代々木八幡神社における古墳の存在も想定内!という気がするのですが、真相が明かされるには発掘調査を待つしかなさそうですね。。。

<参考文献>
佐藤昇『渋谷区史跡散歩』
東京都渋谷区『新修 渋谷区史 上巻』
東京都教育委員会『都心部の遺跡』
東京都教育委員会『東京都遺跡地図』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2018/06/21(木) 22:59:58|
  2. 渋谷区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<「豊島長崎の富士塚 その2 (お山開き編)」 ー国指定 重要有形民俗文化財ー | ホーム | 「法界塚」>>

コメント

ひでりんさん、こんにちは!
私の大好きなエリアの「謎の古墳」の1つを記事にしてくださってありがとうございます!
ここは「太田道灌」が築いた「代々木の8つの砦」の一の砦で、そのことが由来になり「初台」の地名になったそうですね。
道灌は武将として戦いの物見台を沢山造っているようですが、古墳や遺跡を探り当てるのに長けていて、そこに秘められた見えない力をうまく利用して結界を張る呪術を使っていたのでは?といつも思います。
ひでりんさんが追っていらっしゃる江戸城=皇居の前方後円墳についても、何かありそうだと感じ、その力を利用すべく城を築いたのかなあ、とも。。
この代々木八幡は落ち着くので時々お参りしますが、出世稲荷も大好きです♪小さくとも地の底からうごめくような強いエネルギーを感じます(個人的には、過去に2回取り上げてくださった恵比寿の「福徳稲荷」のような感じでしょうか)。都の遺跡地図には?が付いてますが、私はここは古墳なり、なんらかの祭祀の場だったように思えます。
謎なのは、「代々木の8つの砦」のうちここ以外の伝承が調べても不明なことです。もしほかの砦も古墳だとして当時の地形なども考察したら「山内男爵邸の円墳」「参宮橋立花邸の円墳」「上原のカネ塚」「富ヶ谷の円墳」、明治神宮と代々木公園の古墳の幾つかがそうなのかなあと考えているのですが、ひでりんさんは言い伝えなどお聞きになったことはありますか?(余りに他の砦の情報がないので、本当は一の砦だけ築きあとは意図的に伝承にしたのかと勘繰ってしまいます。。)

夏至の日にふさわしい、爽やかな記事に癒されました。いつも素敵な記事をありがとうございます(^-^)
  1. 2018/06/26(火) 09:11:50 |
  2. URL |
  3. ruru #-
  4. [ 編集 ]

ruruさま、こんばんは。
お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

太田道灌の「代々木の8つの砦」については、私も聞いたことがあるというレベルで、あまり詳しいことは知りませんでした。「初台」の地名の由来が、代々木の8つの砦の一つであるという説は何かの本で読んだ記憶がありますが、それ以外はわかりません。。。
太田道灌の物見台というと、西日暮里の本行寺を思い出しますが、この境域にあったといわれている物見塚も古墳だったのではないかといわれていますよね。ひょっとしたらruru様のおっしゃる通り、太田道灌は本当に目に見えない何か霊的な力を持っていて、その力を利用していたのかもしれません。。。

代々木八幡は私も好きな場所で、何度かお参りに行きました。いつも静かで、神聖な雰囲気に満ち溢れていて、私には特に霊感はありませんが、ここにはきっと神様がいる!と思えます。都市化が進んでしまっ たこの地域の中で、この場所には、長い歴史が地層のように積み重なっているような気がします。

皇居の前方後円墳についは、実はなかなか調べが進んでいません。江戸城築造の際に、壊された古墳から鏡が出土したという伝承があることを、ある学芸員の先生から聞いたことがあり、また別に、皇居内に古墳らしきマウンドが存在する、という話も聞いたことがあるのですが、そもそも皇居は自由に立ち入れる場所ではないですし、従って写真もままならない状況ですので、この『古墳なう』に掲載できるのはいつの日になることやらというところです。笑。

最近ちょっと更新が滞ってしまっていますが、今後もよろしくお願いします。かなり暑い日が続きそうですので、体調に気をつけてくださいね。。。
  1. 2018/07/04(水) 11:37:33 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #OsZoF7Es
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/07(土) 16:49:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/07(土) 18:32:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ruruさまへ。

色々な状況があり、最近は割と頻繁に帰省していました。多少疲れてしまった部分はあり、「古墳なう」の更新は滞ってしまっていましたが、体調を崩したようなことはなく、元気です。お気遣いいただいてありがとうございます。
やはりruru様には霊感のような能力があり、私の置かれている状況ですら見透かされてしまっているのではないかと思うと、とっても興味深いです。笑。
江戸城内で鏡が出土しているという話は、ある学芸員の先生と立ち話をしている中で偶然に教えていただいたようなおお話で、今思えばもっと色々お聞きしておけばよかったのですが、おそらくは、古い地誌類を探すと古墳と鏡に関する記述があるのだと思います。残念ながら今はまだ見つけていません。
紅葉山は、等高線のある地形図を見ると、いかにも前方後円墳を崩したような形状で、古墳であればかなり大きな古墳だったのではないかと思いますし、紅葉山は単独に存在した古墳ではなく、周辺にも相当に多くの古墳があり、古墳群を形成していたであろうと思うのです。(素人の妄想ですが)
また、私も、皇居を見学に行った際に天守閣があったという天守台を見て、一番大きな古墳がここにあって、古墳跡を流用して江戸城が築かれていたりして?と壮大な妄想をしました。笑。一番えらい人が一番大きな古墳を造りそうな場所に思えたのですが、これも全く根拠のない妄想です。

東京タワーの場所の紅葉山は、私も何度か散策に訪れました。紅葉山の、お堂に登っていく途中に古墳跡ではないかと疑っていた塚がいまも残されていおり、この塚と蛇塚が一番の目的でした。
2代将軍秀忠が江戸城の紅葉山からなぜこの場所に植樹したのかなどなど、私は考えてもみませんでしたので、ruru様のご意見には衝撃を受けましたが、「芝丸山古墳」と皇居内の「紅葉山古墳」は何か繋がりがあったのでしょうか?
まさしく神秘ですね。。。

名もなきおじさんが書いた、マニアックな古墳のブログを誰かが読んでくれているというだけでも、私には喜びです。今後もひっそりと、コツコツ続けます。
連絡する手段がここしかないので、コメント欄からのお返事ですみません。
  1. 2018/07/11(水) 00:22:47 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #OsZoF7Es
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/905-85c83b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR