FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「練馬区内の庚申塚」

 さて、前回の一里塚に引き続き、今回は練馬区内に存在したといわれる庚申塚の跡地を巡ってみようと思います。以前紹介した「小関庚申塚」には塚の痕跡が残されていましたが、「庚申塚」の名称で呼ばれながらも、すでに塚の存在しない庚申塚を集めてみました。

石神井台5丁目23番地の庚申塚

 まずは、石神井台5丁目23番地の、旧早稲田通り沿いにある庚申塚です。この場所は交差点名にそのまま「庚申塚」の名称がつけられており、交差点の北西の角地に建てられた小さな覆屋に4基の石造物が並んでいます。


石神井台5丁目23番地の庚申塚

 庚申塔は板状駒型の青面金剛像で、向かって左側に「元禄五壬申天十一月十五日」と刻まれていることから、元禄5年(1692)に立てられた庚申塔であることがわかります。

 旧早稲田通りは杉並区から練馬区に入り、禅定院門前の「豊島橋」交差点で西に向きを変え、南大泉を経て保谷(現在の西東京市)から所沢市へと通じており、かつては「所沢道」と呼ばれていました。『新編武蔵風土記稿』ではこの道は単に「所沢ヘノ道」と記しているしているようですが、『石神井村誌』には「所沢道」と記されており、大正時代には所沢道と呼ばれていたようです。


石神井台5丁目23番地の庚申塚

 私は、若い頃から何度もこの道を車で通っていて「庚申塚交差点」の存在は知っていたのですが、庚申塔や塚の存在など気に留めたこともありませんでした。古墳巡りをするようになってからこの交差点名が気になっていて、お休みの日に自転車で見に行ってみたのですが、今では交差点の角に石造物が残されているのを見ると、ホッとするような暖かいような気分になります。
 所沢道は、大泉や石神井から江戸方面への産業の道であったとともに、江戸からの参拝、行楽の道でもあったといわれています。この庚申塚が道しるべでもあり、休息の場であったのかもしれませんね。。。


川越街道の庚申塚

 画像は、練馬区北町8丁目に所在する、川越街道の庚申塚です。旧川越街道が国道254号と交差する南東側に庚申塚の碑が建てられています。

 現在の練馬区内には、江戸時代に入って富士大山道、清戸道、所沢道、青梅街道、川越街道といった東西南北に通じる道が造られており、この川越街道は、川越藩主の江戸参勤と将軍家が川越で行った鷹狩の道筋であり、また川越から運ばれる農産物の量も多く、重要な役割を果していた街道であったといわれています。
 下練馬宿といわれたこの地域の旧川越街道沿いには、旅人たちの道中の無事と安全を祈った道標、観音像、庚申塔、地蔵尊などの多くの石造物が、今も昔のまま残されています。


川越街道の庚申塚

 この庚申塚を最初に見かけたのは、板橋区内の古墳巡りをしていた時ですが、川越街道の歩道のこの一角にのみ、まるで中央分離帯のような植え込みが作られていて、そこに庚申塔が建てられているのを偶然見つけて、これは果たして塚と呼んで良いものなのか?と考えてしまいました。笑。
 「庚申塚」と彫られているんだし、塚なんですよね、きっと。


江古田庚申塚

 画像は、練馬区栄町に所在する「江古田庚申塚」です。
 この庚申塚には説明板が設置されており、次のように書かれていました。

庚申塚の謂れ
 平安時代の初めに、人間の豊かで、
長生きをしたい、その気持ちが庚申信仰
に成った。
 人間の体の中の三戸の虫が、庚申の夜
寝ている間に天に昇り、天命に告げ口
をして寿命を奪われない様にする為に
庚申の日に、皆んなで夜通し楽しく過
ごして、三戸の虫に昇天の機会を与え
ない様にする。
 この庚申塚は一七六五年の明和二年
十月八日に建立されました。

 もともとあった古墳を流用して造られたとされる「江古田の富士塚」や、古墳だったのではないかといわれている「瓢箪塚」の「武蔵野稲荷神社」から直線距離にして2~300mほどに位置しているので、この庚申塚がかつて古墳を流用した可能性はないものかと妄想してしまいます。。。
 立地的にも、あ、やっぱり道路が交差する、Y字路の間の三角地なんだ?という場所ですが、かつてこの一帯が畑地か田園として利用されていた頃には、マウンドが存在したのかもしれませんが、このあたりの真相はわかりません。
 古墳とは無関係かとは思うのですが、「××塚」と塚の名称を見るとやはり気になってしまって、ついつい足を止めてしまいます。。。笑。


江古田庚申塚

 お堂に祀られている庚申塔は、明和二乙酉歳十月十八日(1765)の駒形の青面金剛像です。


「東本村庚申塚」

 最後は、平和台1丁目に所在する「東本村庚申塚」です。
 あ、やっぱりY字路の角にあるんだー?と思いましたが、後で調べてみると、画像の左側は田柄川という用水で、現在は暗渠となっているようですが、庚申塚は渡戸橋という橋のたもとにあったようです。


「東本村庚申塚」

 以前紹介した「小関庚申塚」も含めて、練馬区内の庚申塚には一箇所も教育委員会による説明板が設置されていなかったのですが、ちゃんと解説文を読むことができるといいですよね。。。

<参考文献>
東京都練馬区『練馬区史 歴史編』
東京都練馬区『練馬区公式ホームページ』


人気ブログランキングへ

  1. 2018/11/12(月) 10:18:51|
  2. 練馬区の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「お松塚」 | ホーム | 「練馬区内の一里塚」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/913-df19c4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR