FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「富士塚」と「富士塚西方のツカ」

「富士塚(首塚)」

 さて、前回紹介した青山地区の2基の塚を見学した後は、根小屋地区に向かいました。
 画像は、相模原市緑区根小屋に所在する「富士塚」です。
 塚の周囲は農地として使用されていることから、長径20m、短径17m、高さ4mという大きな塚はひときわ目立つ存在です。電車の駅からは多少距離がありますが、JR横浜線橋本駅から三ヶ木行きのバスで30分ほど走った「富士塚前」というバス停の目の前が塚の所在地ですので、比較的見学しやすい塚です。

 この富士塚には多くの伝承が残されており、旧津久井町教育委員会により設置された説明板には次のように書かれていました。

富  士  塚
    津久井町根小屋富士塚一九一八番地

 この塚は土地の人は富士の森とも呼ぶ、新
編相模国風土記稿に「首塚」として「寺領(
功雲寺)南金原ニアリ、天正十八年(一五九
〇)平岩主税(徳川軍の武将)津久井城ヲ攻
落シ、城兵ノ首級ヲ獲テ埋葬セシ所ナリト云
フ、塚ノ上ニ松ト桜ヲ栽ユ」とある。
 天保六年(一八三五)三月八王子千人隊十
人頭、塩野適斎が幕府の命により地誌編纂の
ため、この塚を訪れた時に「首塚」と題し作
詩し筑井県紀行詩集に収められている。

首塚はいづれの年 いづれの世の人と 言うこれ津久井城の臣なりと
首塚何年何世人 言斬新斯津久井城臣
只今ただ桜花のひらくあり せきせきりようりよう春にたえず
只今唯有桜花発 寂々廖々不耐春

 塚上に浅間大神(明治二十三年九月建立、
越後国、浜島勝)、富士浅間大神(明治二十
三年寅六月一日開眼師、岩崎泰健、根小屋卿
中)、妙法金人水神(年代不明)の三基の石
仏がある。江戸期から明治にかけ富士山を神
格化した富士信仰が盛んになり、各地に富士
講がつくられ江戸八百八講と呼ばれる程にな
ったといわれ、富士山に登山できない者のた
めに富士山をまねた富士塚が各地につくられ
た、この塚も浅間大神の石仏があることから
古くは「首塚」と呼ばれていたが、後に富士
塚と呼ばれるようになったと考えられる。
 塚の面積約二八〇平方米、昭和三七年六月
二七日より大蔵省(財務省)の管轄地となる。
  平成三年十二月一日
           津久井町教育委員会


 説明板に書かれている言い伝えからすると、塚の元々の性格は、津久井城落城の際の戦死者を埋葬した「首塚」ということになるようですが、発掘調査が行われたのかどうか調査報告書が見つからなかったので、このあたりの真相はわかりませんでした。。。


「富士塚(首塚)」

 この2枚目の画像は、南から見た富士塚です。塚上に登るための道でマウンドが削られていて、ちょっと変な形に見えますね。(お尻?)


「富士塚(首塚)」

 塚上に登ってみました。
 一番左が近年に建てられたと思われる「富士塚を守る会記念碑」、2番目が明治23年9月建立の「浅間大神」の碑、3番目が明治23年寅6月1日建立の「富士浅間大神」、右が年代不明の「妙法金人水神」です。


「富士塚西方のツカ」

 根小屋地区には、もう一基、小さな塚状のマウンドが存在します。
 遺跡としては登録されていないようですが、『津久井町史』に「富士塚西方のツカ」として掲載されている塚で、同書には「直径3メートル、短径2.5メートルの範囲に、10~30センチの円礫が積まれており、高さは90センチほどである。以前はもう少し大きなものであったようである。」とのみ書かれています。

 この塚はなかなか見つからなくて苦労したのですが、ご近所のご主人にお尋ねしたところ、「あそこかもしれない!」ということで、わざわざ現地まで道案内していただきました。
 ご主人は縄文時代がお好きだそうで、農作業中に畑から出てくる土器片を集めていたそうです。所有する畑から土器片や埴輪片がザクザクと出てくることを想像するとワクワクしますよね。
 楽しい時間をありがとうございました!

<参考文献>
相模原市教育委員会教育局生涯学習部博物館『津久井町史 通史編 原始・古代・中世』
現地説明板


人気ブログランキングへ

  1. 2019/03/22(金) 22:52:49|
  2. 相模原市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「めいめい塚」と「妙見塚」 | ホーム | 「千部塚」ともう1基>>

コメント

はじめまして。相模原市の古墳の情報、興味深く拝読いたしました。土器片が出てくるとは、間違いなく古墳なのでしょうね。相模川の下流の海老名市にも3~4世紀のものと思われる古墳が見つかっているので、相模原市のものも相当古いものかもしれませんね。
古い航空写真もとても興味深いです。今はどこも開発されてしまって墳丘が失われた所が多いですが、戦前はまだまだ残っていたのですね。
町田市の古墳で検索中に貴ブログに出会いました。今後も愛読させていただきます。
  1. 2019/03/26(火) 14:06:16 |
  2. URL |
  3. なぎさ #hE4kmW4M
  4. [ 編集 ]

なぎささま、初めまして。

町田や相模原は、高塚古墳は多くはないようですが、こうした大きな塚が原型をとどめて残されていて、巡っていて楽しい場所でした。
今後ともよろしくお願いいたします!
  1. 2019/03/27(水) 11:12:28 |
  2. URL |
  3. ご〜ご〜ひでりん #OsZoF7Es
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/974-c8e30b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR