FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「野川古墳群(野川1号墳〜3号墳・北根古墳)」

「野川1号墳」

 さて、今回は川崎市宮前区に所在する「野川古墳群」の探訪の記録です。

 この古墳群は、影向寺台西側の台地上、南に伸びる舌状台地上に存在したという古墳群で、江戸時代の地誌、『新編武蔵風土記稿』には「古は古塚十三ありしと云、今は其状のみ残れり、中古此所より甲冑の朽しものを掘出せしと云、」と記載されています。その全てが古墳であったかどうかは、ほとんどの塚が消滅してしまった現在では知る由もありませんが、少なくとも江戸時代には13箇所の塚の痕跡が残されていたということで、この地域にかなり多くの古墳が存在したことは間違い無いようです。

 画像は、唯一残存する1基、「野川1号墳」を南からみたところです。


「野川1号墳」

 画像は、東から見た野川1号墳です。
 平成元年(1988)に発行された『川崎市文化財調査集録』には、当時行われた、古墳の調査記録が掲載されており、「高さ2.4m、径15m余りの小円墳で、裾の部分が耕作によって若干削られている他は、遺存状態は比較的良好である。古墳のすぐ脇まで、人家が押し寄せてきている。」と書かれています。この古墳の状況と規模は、現在もあまり変わらないように見受けられますが、周辺の宅地開発はさらに進んでいます。
 そして、その後の平成22年(2010)、古墳の西側にあたる、野川北耕地遺跡第2地点にて行われた発掘調査では、古墳の周溝と考えられる溝状遺構が検出されており、土師器や須恵器などの遺物が出土しています。どうやら古墳であることは間違いないようですね。


「野川2号墳」

 画像の周辺に「野川2号墳」が存在したようですが、宅地開発により残念ながら古墳は消滅しています。昭和42年(1967)に発行された『川崎市文化財調査集録』には、まだ残存した当時の2号墳の様子が記されており、「高さ3.7メートル、墳径16メートルの円墳で、西側の約四分の一は、既に私道によって切断されてしまった。」と書かれています。
 1号墳、2号墳ともに葺石や埴輪は認められなかったようです。
 この古墳は、地元の人のお話によるとなんらかの調査は行われているようなのですが、調査記録が載せられている報告書は見つけることができませんでした。


「野川3号墳(野川ゴルフ練習所前古墳)」

 「野川3号墳」は、画像の舌状台地上に所在したといわれています。
 昭和42年(1967)発行の『川崎市文化財調査集録』には、「野川ゴルフ練習所前古墳」の名称で、残存当時の古墳の様子が記されています。調査当時、かなり古墳の破壊は進んでおり、高さ2.6m、南北径16.7mの規模が残されていたようですが、元はかなり大きな古墳であったと推測されています。塚上は、南北4メートル、東西3メートルの方形の平坦地があり、20余の石塔がコの字型に配列されていたようです。
 古墳はその後、ゴルフ場の拡張により削平されてしまったようです。


「野川3号墳(野川ゴルフ練習所前古墳)」

 台地上の、3号墳の跡地の様子です。
 既に平坦に整地されており、古墳の痕跡は見られませんでした。。。


「北根古墳」

 「野川3号墳」は、1号墳や2号墳の所在地とは若干の距離があり、同じ古墳群に属していて良いものか疑問に思われるのですが、もう1基、野川古墳群に属していても良いのでは?とも思われるのが「北根古墳」です。
 この古墳は、川崎市宮前区野川に所在したとされる古墳で、昭和39年(1964)に行われた整地工事により消滅してしまったようですが、存在が確実視されており、『川崎の遺跡』には宮前区のNo.8遺跡として登録されています。

 この古墳の発掘調査は行われなかったようですが、当時の様子や遺物を実見したという新井清氏により詳細が報告されています。この記録が記載されている、昭和41年(1966)に発行された『考古たちばな』によると、古墳は鶴見川の支流である矢上川の形成谷の北側、細く南西に突き出た丘陵の突端に地形を利用して築造されており、規模は径20mほどの円墳であったとされています。墳丘の中心より北東にやや外れた場所からは直刀1振が、また墳丘の南西裾付近から土器が2点出土しています。
 この直刀は残念ながら散逸して残されていないようですが、土師器が現存しており、古墳時代初期に造られたものであると考えられているようです。
 
 画像は、北根古墳の跡地周辺の様子です。宅地化が進み、古墳の痕跡は全く残されていないようです。。。
 
<参考文献>
新井清「川崎市野川 北根古墳」『考古たちばな』
川崎市教育委員会「川崎市の古墳(一)」『川崎市文化財調査集録 3』
川崎市教育委員会「川崎市内の高塚古墳について」『川崎市文化財調査集録 24』
川崎市教育委員会生涯学習部文化財課『平成27年度 川崎市埋蔵文化財年報』


人気ブログランキングへ

  1. 2019/05/25(土) 02:27:07|
  2. 川崎市の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「有馬古墳」 | ホーム | 「新作古墳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/tb.php/993-9fdcfe77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (20)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (0)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR