FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「下布田11号墳」

「下布田11号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 画像は、調布市布田6丁目にある「下布田14号墳」の跡地を北から見たところです。この古墳も墳丘はすでに存在しない古墳で、埋葬施設は確認されず、発掘調査により周溝の約3分の1が調査されています。規模は内径14,2~15m、外径18,5~19m、周溝の幅は約2.2mのブリッジ付円墳で、周溝から土師器坩が出土しています。この古墳は、埋葬施設が検出されなかったことや、出土した土師器坩により、5世紀前半以前に築造されたと推定されています。
 この11号墳は画像の道路のちょうど中央あたりに存在したようですが、残念ながら古墳の痕跡を見ることは出来ません。。。

<参考文献>
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/22(火) 00:42:25|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田10号墳+下布田13号墳」

「下布田10号墳+下布田13号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 画像の道路の中央、ちょうど突き当たり辺りが「下布田10号墳」の跡地です。この古墳も墳丘がすでに存在しない古墳で、埋葬施設である河原石積横穴式石室が調査されています。埋葬施設は撹乱を受けており、側壁の一部と礫床が確認されたのみですが、石室内からは鉄製の柄頭と思われる刀飾りが出土しています。推定規模は内径14m、外径22.4m、周溝の幅4約mほどで、古墳の築造は6世紀後半以降と推定されています。
 また、画像の道路の左側辺りが「下布田13号墳」の跡地です。やはりこの古墳も墳丘はすでに存在せず、発掘調査により周溝の一部が検出されています。推定規模は内径13.1m、外径20mのブリッジ付円墳で、陸橋部付近から土師器埦が出土しています。この出土遺物により、古墳の築造は6世紀前半頃と推定されています。2基の古墳ともに現在は宅地や道路となっており、古墳の痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/21(月) 00:28:17|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田9号墳」

「下布田9号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 画像は「下布田9号墳」の跡地を南から見たところです。手前の畑から奥の道路にかけてが古墳の跡地となるようですが、この古墳も墳丘はすでに存在しない古墳で、道路の部分から検出された周溝の約2分の1が調査されています。模は内径22.8~23.6m、外径30.5mのブリッジ付円墳で、周溝から土師器壺や坩が出土しています。埋葬施設も確認されなかったようですが、周溝内土坑(周溝の中に築かれた埋葬施設)が5ヶ所確認されています。この古墳の築造は5世紀前半と推定されています。
 この11号墳は畑や道路の地中に周溝が残されているのではないかと思われますが、残念ながら地上に古墳の痕跡を見ることは出来ません。。。


「下布田9号墳」

画像は、下布田9号墳の周溝内から出土したという土師器壺です。調布市小島町の調布市郷土博物館に展示されています。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/20(日) 00:28:36|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田8号墳」

「下布田8号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

 「下布田8号墳」は調布市下布田6丁目にある古墳で、『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-9番の古墳として登録されています。この8号墳も、明治初年の地籍図の下布田字はけ上377番の地点に古墳ではないかと思われる区画があり、古墳の存在が想定されていた地点です。画像の道路中央あたりが古墳の跡地でこの道路から周溝の東側と西側が調査されており、規模は内径25.8m、外径38m、周溝の幅は6.6~7.0mの、南西部に陸橋を持つブリッジ付円墳と推定されています。周溝から土師器や須恵器、石製品等が出土しています。

 この古墳も残念ながら痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/18(金) 09:50:58|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下布田7号墳」

 多摩川中流域左岸に立地するこの一帯は「下布田遺跡」と呼ばれており、縄文時代から古墳時代、奈良・平安時代の集落、太平洋戦争に関連する遺構などが発見されています。遺跡東部の約5000㎡の区域が、縄文時代晩期の数少ない遺跡として昭和62年に国史跡として指定されており、その北側に、古墳が帯状に集中して造られた下布田古墳群が所在します。これまでに14基の古墳が確認されており、これらの古墳は5世紀前半に造られ始め、7世紀前半まで続いたことがわかっています。

「下布田7号墳」

 明治初年の地租改正の際に作成された『地籍図』には、現在削平されてしまった古墳ではないかと思われる地割りが残されています。この周辺の地割りは長方形か方形の整然とした区画が基本であるようですが、この中に不規則に小さな区画を見ることができ、この地籍図が作成された時点では古墳の墳丘の高まりが残されていたのではないかと考えられています。
「下布田7号墳」は、この地籍図の下布田字はけ上365番の地点に区画が見られ、古墳の存在が想定されていた地点です。
 その後、近年に行われた発掘調査により周溝の一部が検出され、外径22m、内径15.2mの円墳であることがわかっています。調査当時、埋葬施設が存在すると思われる場所が塚状に盛り上がっていたそうですが、試掘を行った結果は埋葬施設や墳丘は残存せず、この高まりや試掘溝の中から挙大の礫が混ざっていたことから埋葬施設は竪穴式の礫郭であったと考えられているようです。

 画像は、調布市布田6丁目にある「下布田7号墳」の跡地を南から見たところです。『東京都遺跡地図』には調布市の遺跡番号54-7番の古墳として登録されています。墳丘が存在したとされる場所には現在でも微妙な高まりが残されていますが、古墳といえる痕跡は何も残されていないようです。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
調布市郷土博物館『下布田古墳群の調査』2003


人気ブログランキングへ

  1. 2015/12/17(木) 00:33:51|
  2. 調布市/下布田古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (16)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (33)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (7)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (0)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (12)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (12)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (6)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (11)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (18)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (0)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (8)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR