FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「高倉古墳群 21号墳」

「高倉古墳群 21号墳」

 「高倉古墳群」は府中市西方、京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する古墳群です。その多くは墳丘が失われているものの、周溝を持つ直径9~26mの円墳で構成されています。このうち、比較的規模の大きい古墳は木棺直葬であると推測されており、発掘された周溝からの出土品から6世紀前半頃の築造と考えられています。また、規模の小さな古墳は河原石積横穴式石室を主体部に持ち、石室から出土した埋葬品から6世紀後半から7世紀にかけて築造されたと考えられています。

 画像は、府中市美好町3丁目の「高倉21号墳」の跡地を西から見たところです。この21号墳は、墳丘はすでに削平されて存在しないものの、前回紹介した「高倉20号墳」と同様に武蔵国府関連遺跡の第785次調査により存在が確認された古墳で、この調査により周溝の北側が検出されています。また、その後の第1485次調査では周溝南側が検出され、規模は墳丘の内径が約13m、外周径約16mの円墳であることがわかっています。
 この地点には「耳塚」と呼ばれる塚が存在したという伝承が残されています。江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には「田間に胴塚、首塚などいひて多くの小塚ありて、其數しらず、」と胴塚と耳塚について記されており、また『太平記』にも首塚、胴塚、耳塚が取り上げられています。耳塚は分倍河原の合戦による戦死者を埋葬した塚で、戦の際に印に首では重いので耳をそぎ、その耳を埋めた塚であるという伝承があり、また道の両側に一対に存在したからともいわれています。明治時代に削平されたとされており、周辺からは人頭骨やカメが出土しているものの、この耳塚からは何も出土しなかったようです。かつてはこの道の両側に、正確な所在地は不明としながらもこの伝承ともとに「№4-J遺跡」と「№4-I遺跡」としてこの耳塚が登録されてましたが、現在ではこの21号墳が耳塚であった可能性が考えられているようです。
 この古墳の北側には墳丘の残る「高倉20号墳」が存在します。前回、この20号墳を地元の人が「耳塚」と呼んでいるという話を紹介しましたが、2基並んで存在したといわれる耳塚が果たして20号墳と21号墳であるのか、それとも21号墳ともう1基、未発見の「耳塚」が存在するのか、今後の調査の進展がとても興味深いところです。。。


「高倉古墳群 21号墳」

 JR南武線と京王線が交差する分倍河原駅前には、合戦を戦った新田義貞公の像が立てられています。
 府中市により立てられた石碑には次のように書かれていました。

 この像は、新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけて火花を散らし
た分倍河原合戦を題材に、武士の情熱と夢をモチーフとして制作したものである。
 元弘三年(一三三三)五月八日、上州生品神社(群馬県新田町)の社前で鎌倉
倒幕の旗を上げた新田義貞は、越後・甲斐・信濃の同族軍等を糾合、翌九日には
利根川を渡って武蔵国へ入り、千寿王(後の足利義詮)と合流し一路鎌倉を目指
して南下した。一方、幕府軍は入間川で新田軍を阻止するため北上、同月十一日、
両軍は小手指原(所沢市)で遭遇し合戦となった。合戦の勝敗は容易に決しない
まま十二日の久米川の合戦につづき新田軍有利の中で、幕府軍は陣立てのため急
ぎ府中の分倍河原まで退いた。
 同月十五日未明、新田軍は多摩川突破を目指して武蔵国府中を攻め分倍河原に
おいて大いに戦ったが、泰家率いる幕府軍の逆襲にあって大敗を喫し、堀兼(狭
山市)まで敗走した。この時、新田軍の手によって武蔵国分寺の伽藍は灰燼に帰
してしまったといわれている。その夜、堀兼まで後退した焦燥の義貞のもとに相
模の三浦義勝らが相模の国人衆を引き連れて参陣した。幕府の本拠地である相模
の国人衆の加勢に意を強くした義貞は、翌十六日の未明に怒涛の如く分倍河原を
急襲、前日の勝利におごり油断していた幕府軍は、武具を整える間もなく総崩れ
となり、鎌倉の最後の防衛線である多摩川は一気に破られ分倍河原合戦は新田軍
の大勝利に終わった。多摩川を越えて鎌倉に進撃した新田軍は、鎌倉で激しい市
街戦を展開し、終に百四十年余り続いた鎌倉幕府を滅亡させたのである。
 こうした史実を通して市民の郷土史への理解を深めるとともに、これを後世に
伝えるため、日本の中世史上重要な意義を持つ分倍河原合戦ゆかりのモニュメン
トを制作し、この地に設置するものである。
 制作は、我が国彫刻界の重鎭で文化功労者・日本芸術院会員の富永直樹先生、
題字は、府中市長吉野和男の揮毫による。
 この「新田義貞公之像」が永くふるさと府中の歴史を伝え、市民の心に生きつ
づけることを願うものである。

        昭和六十三年五月
            府 中 市


「高倉古墳群 21号墳」

 この像はすごくリアルにできていて、近くで見るとスゴイ表情です。。。

<参考文献>
府中市郷土の森博物館『南武武蔵の古墳』
府中市教育委員会『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 41』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/03/25(金) 08:34:11|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高倉古墳群 20号墳」

「高倉古墳群 20号墳」

 「高倉古墳群」は府中市西方、京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する古墳群です。その多くは墳丘が失われているものの、周溝を持つ直径9~26mの円墳で構成されています。このうち、比較的規模の大きい古墳は木棺直葬であると推測されており、発掘された周溝からの出土品から6世紀前半頃の築造と考えられています。また、規模の小さな古墳は河原石積横穴式石室を主体部に持ち、石室から出土した埋葬品から6世紀後半から7世紀にかけて築造されたと考えられています。

 「高倉20号墳」は、府中市美好町3丁目に所在する古墳です。府中市内では墳丘の残る数少ない古墳のうちの1基で、武蔵国府関連遺跡の第785次調査で周溝の南側が検出されたことにより、この塚が古墳であったことが確認されています。未調査部分である北側に残存する墳丘は、現在の地表面より約1.4mほど高い塚状の高まりとして残されており、主体部の規模によるものの、この墳丘中に主体部が遺存している可能性も想定されているようです。古墳の規模は、内径18.8mの周囲に幅4.3m前後の周溝が巡る円墳で、周溝内からは土師器の坏や壺が出土しています。

 画像は南西から見た高倉20号墳です。手前の駐車場のあたりが周溝が検出された場所で、南側の奥に藪に覆われた墳丘を見学することができます。


「高倉古墳群 20号墳」

 画像は北西から見た高倉20号墳です。墳丘南側はブロック塀により直線的に切られており、これ以外の墳丘裾部も古墳の高まりを保護するためにコンクリートの土台に玉石を並べた土留により円形に削平されています。

 この古墳の見学の際に知ったのですが、どうやら地元の一部の人はこの20号墳を「耳塚」と呼んでいるようです。「耳塚」は、道の両側に一対に存在したという伝承が残されており、20号墳のすぐ南側から発見された「高倉21号墳」は耳塚の伝承地とほぼ重なるような位置から検出されており、21号墳が2基存在した耳塚の1基ではないかと推定されているようです。もう1基の対になる「耳塚」がこの20号墳であった可能性も考えられるところではないでしょうか。

 この耳塚をはじめ、首塚、胴塚、鼻塚、腕塚、千人塚などと呼ばれる、往古の合戦で戦死した人々の遺骸や身体の一部を埋葬したという伝承の残る塚は、日本中に無数に存在します。ただし、これらの伝承が全て史実であるとは限らず、近年の発掘調査の結果、古墳であったり中世の経塚であることが判明したという事例も少なくありません。ちなみに府中市内では、元弘3年(1333)に戦われた分倍河原合戦で亡くなった三千人の戦死者を埋葬した塚であるといわれる「三千人塚」について昭和30年と平成17年に発掘調査が行われており、伝承とは関係がなく、鎌倉時代後期に築造された墳墓に、江戸時代に塚の高まりが造られたことがわかっています。また、美好町3丁目にある「首塚」に関しては近年の発掘調査により周溝が検出され、古代に築造された古墳であることがわかっています。

 室井康成著『首塚・胴塚・千人塚』には「近年では、歴史学においても、塚の伝承の真偽について検証する試みがなされている。たとえば清水克行は、戦国時代の合戦における死者の耳を埋葬したとする「耳塚」について、その伝承内容が史実を反映したものではないということを、信頼できる史料をあげながら論証した。それによると、その特徴的な形状などから「耳塚」とよばれていた由来不詳の塚が、後に歴史の知識を蓄えた人々によって、過去に起きたそれらしい合戦と結びつけられ、いつしか「史実」として定着した疑いが強いという。」と書かれています。ちなみに清水克行氏は『耳塚・鼻塚・鉄火塚 村の慰霊碑が語る戦国の伝説』のなかで19基の耳塚、鼻塚を紹介していますが、実際に戦場で削いだ耳や鼻が葬られているものであることが証明できる事例は京都方広寺の一例をのぞいてほとんどなく、考古学的に耳塚と証明されたものは一例もなかったとしており、府中市美好町の耳塚についても、「一対になって道の両側にあるから」という説が穏当な解釈であるとしています。


「高倉古墳群 20号墳」

 やはり、分倍河原の合戦で亡くなった戦死者の耳を葬った塚であるという説はあくまで史実ではなく伝承であり、一対になって道の両側に存在した2基の古墳であるという説が妥当であるようです。。。

<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』
清水克行「耳塚・鼻塚・鉄火塚 村の慰霊碑が語る戦国の伝説」『慰霊の系譜 死者を記憶する共同体』
室井康成『首塚・胴塚・千人塚 日本人は敗者とどう向きあってきたのか』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/03/23(水) 08:51:28|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高倉古墳群 19号墳」

「高倉古墳群 19号墳」

 「高倉古墳群」は府中市西方、京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する古墳群です。その多くは墳丘が失われているものの、周溝を持つ直径9~26mの円墳で構成されています。このうち、比較的規模の大きい古墳は木棺直葬であると推測されており、発掘された周溝からの出土品から6世紀前半頃の築造と考えられています。また、規模の小さな古墳は河原石積横穴式石室を主体部に持ち、石室から出土した埋葬品から6世紀後半から7世紀にかけて築造されたと考えられています。

 「高倉古墳群 19号墳」は、平成6年4月から8月にかけて行われた武蔵国府関連遺跡第783次調査により確認された古墳です。この調査により2号墳と19号墳の2基の古墳の周溝が検出されており、19号墳は内径22.6mの周囲を深さ3.4~3.6mの周溝が巡る円墳であると推定されています。主体部が存在すると考えられる付近に調査坑が設けられたものの検出されず、主体部は遺存しないようです。遺物の出土もなく、築造年代も不明とされています。
 府中市美好町の画像の周辺が古墳の跡地であると思われますが、この古墳もやはり地上に痕跡を見ることはできませんでした。。。

<参考文献>
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 35』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/03/22(火) 08:17:10|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高倉古墳群 17号墳」

「高倉古墳群 17号墳」

 「高倉古墳群」は府中市西方、京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する古墳群です。その多くは墳丘が失われているものの、周溝を持つ直径9~26mの円墳で構成されています。このうち、比較的規模の大きい古墳は木棺直葬であると推測されており、発掘された周溝からの出土品から6世紀前半頃の築造と考えられています。また、規模の小さな古墳は河原石積横穴式石室を主体部に持ち、石室から出土した埋葬品から6世紀後半から7世紀にかけて築造されたと考えられています。

 府中市分倍町1丁目からは、武蔵国府関連遺跡の第592次調査により高倉15号墳、16号墳、17号墳の3基の古墳が検出されています。画像は「高倉17号墳」の跡地を南から見たところです。17号墳は、推定内径14.0mの周囲を幅1.4~2.4mの周溝が巡る円墳と推定されています。周溝内からは土師器の半球形の坏が出土しています。主体部はすでに削平されてたものと考えられており、川原石積横穴式石室の可能性も考えられるものの、主体部の掘り込みがローム層中に及んでいないことから、木棺直葬の可能性も考えられているようです。画像の集合住宅のあたりが古墳の跡地となるようで、古墳の北側はJR南武線の敷地となり台地ごと消滅しているようです。残念ながらこの古墳も痕跡を見つけることは出来ませんでした。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 31』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/03/21(月) 01:40:13|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高倉古墳群 16号墳」

「高倉古墳群 16号墳」

 「高倉古墳群」は府中市西方、京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する古墳群です。その多くは墳丘が失われているものの、周溝を持つ直径9~26mの円墳で構成されています。このうち、比較的規模の大きい古墳は木棺直葬であると推測されており、発掘された周溝からの出土品から6世紀前半頃の築造と考えられています。また、規模の小さな古墳は河原石積横穴式石室を主体部に持ち、石室から出土した埋葬品から6世紀後半から7世紀にかけて築造されたと考えられています。

 画像は「高倉16号墳」の跡地を東から見たところです。16号墳は推定内径11.4mの円墳と推定されています。遺物の出土はなく、主体部も検出されていないため詳細のわからない古墳ですが、画像の地点が古墳の跡地となるようです。昭和3年(1928)から4年頃に行われた南武鉄道(現在のJR南武線)の敷設工事により多くの古墳が消滅したといわれているようですが、この古墳も大部分は南武線の切り通しとなり切崩されているようです。残念ながらこの古墳も痕跡を見ることは出来ませんでした。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府の調査 31』
府中市教育委員会・府中市遺跡調査会『武蔵国府関連遺跡調査報告 40』


人気ブログランキングへ

  1. 2016/03/20(日) 03:34:23|
  2. 府中市/高倉古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (13)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (17)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (18)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (16)
武蔵野市の古墳・塚 (2)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (33)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (7)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (0)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (12)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (11)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (6)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (8)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (10)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (18)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市/浄土古墳群 (1)
昭島市/その他の古墳・塚 (2)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (15)
西東京•清瀬•東久留米市の塚 (5)
小金井•小平•国分寺市の塚 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市の塚 (14)
福生市•羽村市•瑞穂町の塚 (12)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (6)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR