FC2ブログ

古墳なう

「大都市、東京の失われた古墳を探せ!」をテーマに、 ご〜ご〜ひでりんが実際に現地に足を運んで確認した古墳や塚の探訪記録。

「釆女塚」

「釆女塚」

 画像は、台東区清川1丁目の出山寺境内にある「釆女塚」を東から見たところです。
 
 鳥居龍蔵氏は『上代の東京と其周圍』の中でこの「釆女塚」を取り上げています。釆女塚のすぐ北東には「妙亀尼塚」があり、鏡ヶ池(この出山寺のある橋場一丁目の北部辺りにあったといわれる)を挟んで一方にこの「釆女塚」があることから、周辺には古墳群があったのではないかとしていますが(鏡ヶ池の周圍には他に首塚(蛇塚)という塚も存在していたそうです)、ほとんどは開発のために消滅しており、残念ながら塚の性格を知ることは出来ません。

 境内には台東区教育委員会による説明板が設置されており、次のように書かれています。


采女塚

       台東区清川一丁目十三番十三号 出山寺
 石碑の正面上部に横書きで「采女塚」とあり、その下
に仮名混じりの文でその由来を刻んでいる。
 江戸時代の初期、寛文年間(1661-1672)新吉原
雁金屋の遊女「采女」に心を寄せた若い焦慮が師から固
く制され、悩んだ末、雁金屋の前で自害してしまった。
采女は悲しんで浅茅ヶ原の鏡が池に身を投げた。時に
十七才。翌朝、草刈りの人たちが
 「名をそれとしらずともしれさる沢の
   あとをかがみが池にしずめば」
としるした短冊を見つけ、采女とわかり、塚に葬った。
 浅茅ヶ原は、現在の橋場一、二丁目と清川一、二丁目
のあたりを指し、『江戸名所図会』によると鏡が池の面
積は、文政(1818-29)の頃、約五百平方メートル、
橋場一丁目の北部あたりにあったという。
 碑は、文化元年(1804)大田南畝ら文人たちによ
って建立。第二次世界大戦で火をあびている。
 平成七年三月
             台東区教育委員会


「釆女塚」

 出山寺境内に残されている石碑には、正面上部に横書きで「釆女塚」、その下には「金之竟合 水也 相比綵之無絲 嬉而不喜 士可以封 言可以己 車之所指毎田 即是一人十口 潭辺無水」と刻まれているそうです。この石碑は、采女を哀れに思った蜀山人らの文人が仲間だけにわかる隠語を用いたのだそうで、「隠語の碑」とも呼ばれています。

 台東区清川には、恋に破れて鏡が池に身を投げた玉姫を祭ったといわれる「玉姫稲荷神社」があり、橋場1丁目の「妙亀塚」には、人さらいにさらわれた我が子を追って京から訪ねてきたものの、我が子がすでに死んでいた事を知った母の妙亀尼は池に身を投げてしまうという悲しい伝説が言い伝えられています。色々と調べてみると、この周辺には女の人の悲しい伝説が多く残されていているようです。。。

<参考文献>
鳥居龍蔵『上代の東京と其周圍』
東京都台東区『新版 史跡をたずねて』
現地説明版

  1. 2014/01/26(日) 03:55:35|
  2. 台東区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「駿馬塚」

「駿馬塚」

 画像は、台東区東浅草2丁目にある「駿馬塚」を南から見たところです。住宅街の細い路地の奥にひっそりと祀られており、路地の前には台東区教育委員会による説明板が設置されています。


「駿馬塚」

「駿馬塚」

 この「駿馬塚」は、昭和2年に発行された鳥居龍蔵氏の著書『上代の東京と其周圍』の中で取り上げられており、かつてこの塚から陶棺が掘り出されたことが碑文に刻まれていることが紹介されています。この『上代の東京と其周圍』には関東大震災前後の塚の写真が掲載されていますが、これによると大正時代には既に塚は削平されており、わずかに残る盛土の上に石碑と五輪塔が立てられているようです。
 現在は碑文の刻まれたという石碑は残されてはいないようで、五輪塔のみが保存されていました。


「駿馬塚」

 現地に立てられている説明板には江戸時代の地誌『江戸名所図会』の挿絵が載せられており、この挿絵には「駿馬塚」の石碑の横に円墳のような大きな土饅頭型の盛土が描かれています。この駿馬塚が石棺を用いた古墳であったのか、中世の塚であったのかは現在では知ることは出来ませんが、少なくとも江戸時代には塚が残されていたことがわかります。

 説明板には次のように書かれています。


  駿馬塚
           台東区東浅草二丁目十六番一号

 駿馬塚は、平安時代の康平年間(一〇五八~一〇六四)源
義家が陸奥へ向かう際、この地で愛馬「青海原」が絶命し、
これを葬った所と伝えている。
 現存する塚は、明治二八年造立の石碑や石造層塔の一部
を遺すのみだが、天保七年(一八三六)刊行の『江戸名所図会』
には左の挿絵を載せており、江戸時代後期には土饅頭型の
塚や「駿馬塚」と書した石碑が建っていたようである。
 現在、付近の人々はこの塚を「馬頭観音」と呼び、覆屋等
を設けて大切に守っている。
   平成十年三月
                  台東区教育委員会


<参考文献>
鳥居龍蔵『上代の東京と其周圍』
現地説明版

  1. 2014/01/21(火) 23:56:48|
  2. 台東区/その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

カテゴリ

足立区/伊興古墳群 (4)
足立区/その他の古墳・塚 (9)
葛飾区/立石古墳群 (3)
葛飾区/その他の古墳・塚 (10)
江戸川区の古墳・塚 (0)
板橋区/志村古墳群 (10)
板橋区/その他の古墳・塚 (36)
北区/赤羽台古墳群 (2)
北区/十条台古墳群 (2)
北区/飛鳥山古墳群 (8)
北区/田端西台通古墳群 (1)
北区/その他の古墳・塚 (14)
荒川区/尾久 微高地 (4)
荒川区/町屋-三河島 微高地 (19)
荒川区/南千住 微高地 (3)
荒川区/日暮里 台地上 (2)
台東区/上野台古墳群 (5)
台東区/その他の古墳・塚 (7)
墨田区の古墳・塚 (4)
練馬区の古墳・塚 (16)
豊島区の古墳・塚 (3)
文京区の古墳・塚 (8)
杉並区の古墳・塚 (18)
中野区の古墳・塚 (17)
新宿区の古墳・塚 (19)
千代田区の古墳・塚 (7)
目黒区の古墳・塚 (9)
渋谷区の古墳・塚 (19)
港区の古墳・塚 (8)
品川区/品川大井古墳群 (7)
品川区/その他の塚 (15)
大田区/田園調布古墳群 (34)
大田区/鵜の木・久が原古墳群 (8)
大田区/その他の古墳・塚 (52)
世田谷区/野毛古墳群 (24)
世田谷区/殿山古墳群 (9)
世田谷区/大蔵古墳群 (0)
世田谷区/砧中学校古墳群 (2)
世田谷区/喜多見古墳群 (13)
世田谷区/砧古墳群その他 (8)
世田谷区/その他の古墳・塚 (18)
武蔵野市の古墳・塚 (3)
三鷹市の古墳・塚 (7)
狛江市/狛江古墳群(和泉) (34)
狛江市/狛江古墳群(岩戸) (13)
狛江市/狛江古墳群(猪方) (29)
狛江市/その他の古墳・塚 (1)
調布市/国領南古墳群 (2)
調布市/下布田古墳群 (16)
調布市/上布田古墳群 (7)
調布市/下石原古墳群 (2)
調布市/飛田給古墳群 (17)
調布市/その他の古墳・塚 (13)
府中市/武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市/白糸台古墳群 (14)
府中市/高倉古墳群 (32)
府中市/御嶽塚古墳群 (19)
府中市/その他の古墳・塚 (15)
国立市/下谷保古墳群 (12)
国立市/青柳古墳群 (3)
国立市/その他の古墳・塚 (9)
立川市の古墳・塚 (14)
稲城市の古墳・塚 (12)
多摩市/和田古墳群 (15)
多摩市/その他の古墳・塚 (8)
日野市/平山古墳群 (7)
日野市/西平山古墳群 (5)
日野市/七ッ塚古墳群 (9)
日野市/万蔵院台古墳群 (4)
日野市/その他の古墳・塚 (12)
町田市/能ケ谷香山古墳群 (0)
町田市/その他の古墳・塚 (21)
八王子市の古墳・塚 (33)
昭島市の古墳・塚 (12)
あきる野市/森山古墳群 (3)
あきる野市/草花古墳群 (14)
あきる野市/御堂上古墳群 (4)
あきる野市/瀬戸岡古墳群 (7)
あきる野市/牛沼古墳群 (3)
あきる野市/その他の古墳・塚 (16)
日の出町の古墳・塚 (2)
青梅市の古墳・塚 (16)
西東京市•東久留米市の塚 (5)
小金井市•国分寺市の塚 (4)
東村山市•東大和市の塚 (9)
武蔵村山市•瑞穂町の塚 (17)
川崎市の古墳・塚 (47)
横浜市の古墳・塚 (0)
相模原市の古墳・塚 (7)
栃木県の古墳 (13)
那須町•大田原市•那珂川町 (8)
壬生町•上三川町 (5)
長野県の古墳 (6)
群馬県の古墳 (8)
茨城県の古墳 (5)
埼玉県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
未分類 (9)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR