古墳なう

ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記

「行人塚」―調布市指定史跡―

「行人塚」―調布市指定史跡―

 画像は、調布市飛田給1丁目に所在する「行人塚」を南東から見たところです。『東京都遺跡地図』には、調布市の遺跡番号62番の塚として登録されており(遺跡範囲のすべてが調布市指定史跡飛田給薬師堂境内行人塚となっている)、昭和49年(1974)には調布市の史跡として指定されています。

 調布市教育委員会により設置された説明板には次のように書かれていました。

      市史跡
    行  人  塚
         所在 飛田給一丁目二十五番地 薬師堂境内
            甲州街道と大山海道との交差点
         指定 昭和四十九年七月十二日

 この塚は、仙台の人松前意仙の入定塚である。
 伊達藩士にして医師であった意仙は、薬師如来に帰依礼拝の心
があつく、各地の仏閣廻拝の心を遂げようと、諸国遍歴の末ここ
に足をとどめた。その後、意仙は石仏説明のとおり、薬師如来像
をつくり、大願成就後、自ら墓穴を掘り、村人に「鉦のやんだと
きは、わが命のつきたときである」と言い残してその中には入り
端座叩鉦誦結三昧の末、元禄十五年(1702)一月十二日に入定した
という。
 その死後、村人によって塚が築かれて行人塚と呼ばれている。
 意仙の感化は、里人はもとより近隣にもおよび、その慈悲の深
さに人々は敬拝し、碑を建てて信仰に励んだといわれている。郷
土の民間信仰史上三百年の長い間にわたり、今日なお大きな宗教
的感化を残している。
 現在のこの塚は、昭和47年に改修されたもので、この工事の際
に専門家が発掘し、遺骨の存在が確認された。

昭和六十三年三月二十四日         調布市教育委員会


  2月24日に発売され、ベストセラーとなっている村上春樹著『騎士団長殺し』には、祠の裏側の小さな石の塚から鈴の音が聞こえてくるというシーンがあり、この入定塚と想定される塚の石室から鈴が掘り出されます。石室には入定した行者の遺骨は存在せず、騎士団長が世に解き放たれてしまうわけですが、この調布の行人塚は、薬師堂の改修が行われた昭和47年(1972)に発掘調査が行われています。この塚に入定したという松前意仙は自ら墓穴を掘って入り、21日間鉦を叩き続け、鉦の音が途絶えたら埋めて呉れと遺言して入寂したといわれていますが、発掘の際には、座禅を組んだままの姿勢で白骨化した、かなり大柄のたくましい男性の遺骨が発見されたそうです。ただし、不思議なことに、21日間叩き続けたといわれる鉦は出土しなかったそうです。。。

<参考文献>
中西駿郎『調布のあゆみ』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/09(日) 00:47:54|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「仙川一里塚跡」―調布市指定旧跡―

「仙川一里塚跡」―調布市指定旧跡―

 画像は、調布市仙川町3丁目の「仙川一里塚跡」を南西から見たところです。

 この仙川一里塚は、甲州街道と都道114号線が交差する辻の場所にあり、前回紹介した「小島一里塚跡」と同様に、北と南に向かい合って存在したといわれています。北側の塚の跡地とされる、現在のセブンイレブン調布仙川店の角には、調布市教育委員会による「仙川一里塚跡」の石碑が立てられており、次のように書かれています。

市旧跡
 仙川一里塚跡
           所在 調布市仙川町三―二
           指定 昭和四十六年二月十日
 この地は、仙川一里塚の跡である。江戸日本橋を起
点にして、五里(約二〇キロメートル)の距離にあり、
甲州街道と三鷹街道の交差点にあたる。この塚は、徳
川家康が天下を平定してから主要街道に一里塚の制度
ができ、慶長七年(一六〇二)江戸・甲府間に甲州街道
が完成した後に築かれたものである。
 一里塚は、街道を行く旅人が、正確な里程を知る目
じるしとして築かれた。塚は、普通五間(九メートル)
四方、高さ一丈(三メートル)の規模で、エノキが植え
られたが、地方によってはマツやケヤキを植えたとこ
ろもある。エノキの実は甘く、若芽も食べられること
から、旅人にとっては空腹をいやしたり木陰のもとで
疲れをとる場所でもあった。
 この手前の一里塚は上北沢で、次が小島一里塚とな
る。現在、昔のおもかげは全くみられないが、土地の人
は今でもこのあたりを塚とよんでおり、地名に当時の
名残りをとどめている。
 平成六年三月吉日
                調布市教育委員会


「仙川一里塚跡」―調布市指定旧跡―

 前回紹介した「小島一里塚」の石碑を見つけて見学した際、調布市内にもう1箇所、一里塚がある事を思い出して、そのまま仙川まで移動しました。小島一里塚跡は調布駅から、仙川一里塚跡は仙川駅からどちらも数分ほどで、見学しやすい場所にあります。

 余談ですが、甲州街道に交差する都道114号線を北へ500メートルほど行ったところに「控塚」と呼ばれる塚があったといわれています。この塚の場所には「みたかきちじょうじへの道」と刻まれた、宝暦4年4月15日建立の道標が立てられていたようです。元桜金属の工場があったところということで、おそらく現在の調布市仙川町3丁目4番地周辺と思われますが、残念ながらこの道標も塚も失われているようです。。。

<参考文献>
調布史談会『調布市談会誌 第4号』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/07(金) 00:33:29|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小島一里塚跡」―調布市指定旧跡―

調布市 小島一里塚

 画像は、調布市小島町1丁目の「小島町一里塚跡」を南から見たところです。

 この塚は、かつては甲州街道(現在の旧甲州街道)をはさんだ西側に対をなして存在したといわれ、『武蔵名勝図会』には「この塚より東の次は、布田五ヶ宿の内、小島分と言うところにあり」とあり、『新編武蔵風土記稿』には「街道ノ中程ニ一里塚アリ、是慶長七年五月築ク所ナリ」と書かれています。塚はすでに削平されて失われていますが、昭和42年(1967)頃までは直径約3尺位、高さ8〜9間もある榎の大木が残されていたそうです。現在はこの榎も失われ、
 調布市教育委員会により設置された説明板には次のように書かれています。

市旧跡
 小島一里塚
          調布市小島町一―十七
       指定 昭和四十六年二月十日
 ここは江戸時代の初めごろ、甲州街道に築
かれた一里塚のあったところである。江戸日
本橋を起点として、およそ六里(二四キロメ
ートル)の距離にある。
 一里塚は街道の一里ごとに、その目じるし
として道の両側に築かれたものである。たい
ていは塚の上にエノキが植えられ、遠くから
でも望見できるようにして旅行者の便がはか
られた。
 ここにも樹齢二〇〇年余と推定されるエノ
キの大樹があって、その昔がしのばれたが、
危険防止のため昭和四〇年頃に伐られた。
            調布市教育委員会


調布市 小島一里塚

 この周辺をバスで移動中に、窓の外に「塚」の文字が刻まれた石碑が視界に入ったので、あわてて降りて見に行ったら一里塚の跡だった、というオチなのですが、古墳病は悪化する一方です。。。

<参考文献>
調布史談会『調布市談会誌 第4号』
猿渡盛厚『武蔵府中物語』
現地説明版


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/05(水) 23:29:06|
  2. その他の古墳・塚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「国領南2号墳」

「国領南2号墳」

 画像は、調布市国領6丁目の「国領南2号墳」所在地周辺を南西から見たところです。

 この古墳は、平成8年(1996)に行われた京王バス車庫建設に伴う発掘調査により確認されています。調査当時すでに墳丘は存在せず、また主体部も検出されなかったようですので詳細はわからないようですが、周溝はほぼ全周にわたって検出しており、外径約12.5m、内径約9.5mの円墳であることがわかっています。
 この古墳が属している「国領南遺跡」は、西側に隣接する「下布田遺跡」と比べると大規模な調査は少ないようです。京王バス車庫の東側、西側ともには畑地が多く残されているようですし、今後の調査の進展次第では未確認の古墳が発見される可能性は高いかもしれません。。。

<参考文献>
調布市教育委員会『埋蔵文化財年報 ―平成20年度(2008)―』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/03(月) 01:13:10|
  2. 国領南古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「国領南1号墳」

「国領南1号墳」

 調布市内の古墳は、多摩川中流域左岸の立川段丘縁辺部に古墳群を形成して分布しています。古墳群は東から(多摩川下流から)「国領南古墳群」、「下布田古墳群」、「上布田古墳群」、「下石原古墳群」、「飛田給古墳群」が存在します。残念ながら墳丘が残存する古墳はごく僅かで、発掘調査により周溝等の遺構が検出されたことにより存在が確認された古墳が大半を占めているようです。

 画像は、調布市国領6丁目の「国領南1号墳」の所在地周辺を南東から見たところです。この古墳は、平成5年(1993)に調布市遺跡調査会により行われた発掘調査で周溝が検出されたことにより、存在が確認されています。『東京都遺跡地図』には、調布市の遺跡番号55番の古墳として登録されています。この幼稚園の敷地内が古墳の所在地となるようですが、入り口に蔵が残されているというなかなか印象的な幼稚園です。
 墳丘や埋葬施設は消滅しているため詳細はわからないようですが、検出された周溝から外径約20mの円墳であることがわかっています。この古墳の周辺からは5世紀前半頃の方形周溝墓が検出されており、また東側の上ヶ給遺跡内からも方形周溝墓が検出されています。国領南古墳群内では、同じ地域に築造時期が近接する古墳と方形周溝墓が存在していたことがわかっています。


「国領南1号墳」

 怪しい地形を見つけて河原石が散在していると立ち止まって見入ってしまうわけですが、いつか通報されてしまうかもしれません。。。

<参考文献>
多摩地区所在古墳確認調査団『多摩地区所在古墳確認調査報告書』


人気ブログランキングへ

  1. 2017/04/02(日) 00:36:37|
  2. 国領南古墳群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カテゴリ

足立区 (4)
伊興古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (0)
葛飾区 (6)
立石古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (3)
墨田区 (0)
荒川区 (28)
尾久の微高地 (4)
町屋-三河島の微高地 (19)
南千住の微高地 (3)
日暮里の台地上 (2)
台東区 (11)
上野台古墳群 (5)
その他の古墳・塚 (6)
北区 (26)
赤羽台古墳群 (2)
十条台古墳群 (2)
飛鳥山古墳群 (8)
田端西台通古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (13)
板橋区 (46)
志村古墳群 (10)
その他の古墳・塚 (36)
練馬区 (7)
杉並区 (12)
中野区 (9)
豊島区 (2)
新宿区 (0)
渋谷区 (17)
目黒区 (8)
文京区 (3)
千代田区 (3)
港区 (4)
品川区 (22)
品川大井古墳群 (7)
その他の塚 (15)
大田区 (75)
田園調布古墳群 (15)
鵜の木・久が原古墳群 (8)
その他の古墳・塚 (52)
世田谷区 (54)
野毛古墳群 (13)
砧古墳群-殿山古墳群 (9)
砧古墳群-大蔵古墳群 (0)
砧古墳群-砧中学校古墳群 (2)
砧古墳群-喜多見古墳群 (13)
砧古墳群-その他 (6)
その他の古墳・塚 (11)
三鷹市 (4)
狛江市 (43)
狛江古墳群-和泉支群 (17)
狛江古墳群-岩戸支群 (3)
狛江古墳群-猪方支群 (23)
その他の古墳・塚 (0)
調布市 (54)
国領南古墳群 (2)
下布田古墳群 (16)
上布田古墳群 (7)
下石原古墳群 (2)
飛田給古墳群 (17)
その他の古墳・塚 (10)
府中市 (77)
白糸台古墳群 (14)
高倉古墳群 (32)
御嶽塚古墳群 (19)
武蔵府中熊野神社古墳 (2)
府中市内の塚 (10)
国立市 (19)
下谷保古墳群 (11)
青柳古墳群 (3)
その他の古墳・塚 (5)
立川市 (13)
稲城市 (0)
多摩市 (4)
和田古墳群 (4)
多摩市内の塚 (0)
日野市 (33)
平山古墳群 (7)
西平山古墳群 (5)
七ッ塚古墳群 (8)
万蔵院台古墳群 (4)
その他の古墳・塚 (9)
町田市 (5)
能ケ谷香山古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (5)
八王子市 (4)
昭島市 (3)
浄土古墳群 (1)
その他の古墳・塚 (2)
あきる野市 (42)
森山古墳群 (3)
草花古墳群 (14)
御堂上古墳群 (4)
瀬戸岡古墳群 (7)
牛沼古墳群 (0)
その他の古墳・塚 (14)
日の出町 (2)
青梅市 (11)
古墳空白地域 (16)
西東京•清瀬•東久留米市 (0)
小金井•小平•国分寺市 (0)
東村山•東大和•武蔵村山市 (6)
福生市•羽村市•瑞穂町 (10)
神奈川県の古墳 (2)
千葉県の古墳 (1)
群馬県の古墳 (0)
栃木県の古墳 (5)
茨城県の古墳 (5)
長野県の古墳 (6)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR